本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日は山口県下関市彦島にある彦島南霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

既存の納骨室に合わせた基礎工事

こちらの霊園には決まった形のカロート(納骨室となる穴)が設置されていました。
T字の形をしたカロートの形状にあわせたデザインのお墓を建てていきます。

 

延べ石を据付ていると様子 石材同士をL字金具で止めました

モルタルで高さを調節しながら延べ石を据えつけていきます。

石材の隅々をL字金具でしっかりと止めて、地震などの揺れで歪みやズレが生じないようにしています。

 

石材をつるすクレーン カニクレーンで石材を吊るしているところ

クレーンを使用して石材を積んでいきます。

カニのように足を広げてバランスをとるのでカニクレーンとも呼ばれています。

通路の状況に合わせて足を伸ばすことが出来るので、このような狭い通路のお墓づくりには心強い見方です。

舗装されていない通路などでは使用することが出来ないので、お墓の前の通路だけでなく駐車場からのルートも事前に確認をしてから工事へ向かいます。

 

積み上げた石材の高さを確認しています

石材を1段積み上げるごとに向きや角度を丁寧に確認します。

石材に貼られた黒いシートは地震の揺れを逃がす免震シートです。特殊なゴムシートを石材が上下に重なる部分に挟んで地震対策を施しています。

 

雨水の浸入を防ぐシーリング

石材同士の隙間に雨水や汚れなどが入り込まないようにシーリング剤を充填し、へらを使って表面を整えていきます。

 

板石を敷いている職人

お参りスペースの板石を敷き終わるといよいよ石積工事が完了します。

 

墓誌を設置してお墓が完成しました

区画の状況に合わせてオリジナルのデザインでお作りしたお墓が完成しました。

淡い色の墓石は彫刻文字に黒色を入れると引き締まった印象になりますね。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日のまごころ職人のお墓づくりは、福島県双葉町の寺院墓地です。

基礎工事着工前です

【工事着工前の状況です】

この後、敷地内の砂利・土を取り除きます。

 

【根彫り工の状況です】

いよいよ工事着工開始です
基礎工事を行うには、根彫り工から始めます。
根彫りの深さはグランドライン(通路面)から約30cmほど掘り下げます。

通路状況が良い墓地の場合は、重機を使用することも可能ですが、
通路状況が厳しい墓地では、職人が手作業で根彫りをすることもございます。

 

【転圧工の状況です】

砕石を敷き詰めたらランマーで充分に転圧し、
基礎地盤としての支持力を図ります。

どんなに基礎コンクリとを厚く打っても、転圧を十分に行わないと
後々お墓が傾く原因になったりもします。

 

【配筋工の状況です】

コンクリートは圧縮強度に比べて引っ張り強度が極めて小さく、
ひび割れが入りやすいので15cm~20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。

鉄筋の下に置いてある四角く白いのは鉄筋が地中に接触しないようにする役割と、
生コンクリートが鉄筋の下に潜り込み、鉄筋を包み込みやすくするためです。
(鉄筋の錆防止と鉄筋とコンクリートの相乗効果を上げるためです)

余談ですが、敷地内に塩ビパイプが4本立ってますが、こちらはお墓が完成した後に、
玉砂利部分の雨水を逃がす役目をする水抜きになります。
石積み工事の時にコンクリート基礎の天端あたりでカットするか、パイプを抜き取ります。

 

【生コンクリート打設状況です】

左側のお写真が生コンクリートを流し込んでいる状況です。
右側のお写真は、生コンクリートを平らにならし、仕上げ後の状況になります。
このあと、コンクリートが乾くまで数日間養生いたします。

 

本日は兵庫県尼崎市弥生ヶ丘町にある弥生ヶ丘墓園にてまごころ職人が施工したお墓を紹介します。

 

基礎工事が完了してから一定の養生期間を経ていよいよ石積工事に取り掛かります。

 

基礎部分と外柵がズレないように直径20ミリのステンレス製の丸棒を差し込んで施工します。

 

 

ステンレスの丸棒に加えて外柵の石同士が開かないようにL型金具で頑丈に固定します。

 

 

建設工事でも実績がある免震用のブチルゴムを石と石の間に挟んで石塔を積んでいきます。

その際に、石材用の弾性ボンドも併用して地震の揺れから大切なお墓を守ります。

 

 

関西地区では和型のお墓で白御影石を使われるお客様が多くいらっしゃいます。

その白御影の中でもインド産のアーバングレーは、原石を磨いた後の艶(光沢)のりも良く

吸水率の低さも白系の中ではトップクラスの石になります。

竿石(仏石)の下にスリン(極楽浄土のシンボルで有る蓮華を簡略化したもの)を

入れることで和型のデザインのお墓に更なる重厚感が加わりました。

 

お墓が完成して石の隙間に充填したコーキングが固まったのを確認した後に

お施主様のご希望で竿石部分に白い晒の布を巻きつけます。

白の晒には、開眼供養(魂入れ)までに余計なもの(邪悪なもの)がお墓に

入らないようにという意味が有ります。

本日は大阪府豊能郡能勢町にある寺院墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

まごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。
まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定します。

 

このように石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

モルタルを使用しながら敷石を一枚一枚丁寧に据え付けます。

 

このように石材の重なる部分には免震シートを使用します。地震の揺れを軽減して大切なお墓を地震からお守り致します。

 

本日もまごころ職人が施工した和型のお墓が無事完成しました。石種には日本全国でスタンダードに使用されている良質な白御影石G614を使用しています。G614は細かな石目が端正な印象の御影石です。今回は伝統的な和型のお墓にオプションで舟形地蔵と防風塔を設置しています。防風塔は雨や風から守る屋根の付いたローソク立てを使用する事で安心してお墓参りができます。

 

お墓完成後には竿石に晒を巻いてお引き渡しをします。晒は開眼供養前当日に取り外す場合が多いようです。

まごころ職人は工事の後は使わせていただいた通路などを掃除してから終わります。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

千葉県印西市にある印西霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

こちらの芝生墓地の区画に石積工事を施工します。

 

モルタルと石材用ボンドで石を据え付けていきます。

 

一つ一つ丁寧に石を据え付けます。水平器を使い、傾きが無いよう細心の注意を払います。

 

黒いシートは耐震補強材です。石と石が重なる部分にはこの免震シートを貼り、地震からお墓を守ります。

 

設計図通りの配置になっているか確認して石を据え付けます。少しのズレも無い妥協を許さない作業で仕上げていきます。

 


石材の隙間を塞ぐためマスキングテープで養生してからシーリングを行います。無駄な目地が残らないようヘラでならし、最後にマスキングテープを取ります。この作業を行うことで納骨室や隙間にゴミや水が入ることを防ぎ、仕上げも美しくなります。

 

納骨室の拝石、香炉・花立を据えお墓の完成となりました。芝生墓地にピッタリの洋型のお墓です。石は南アフリカ産のインパラブルーという石です。この石の特徴は黒い地色の中に青い結晶が散りばめられており、光の加減でキラキラと光ります。その風景はまるで宝石のように美しいことから人気の高い御影石です。華やかでありながら、落ち着いたダークグレーにも見えるところがおすすめとなっております。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。