本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.6.4

まごころ価格ドットコムの記事がyahooニュースで紹介されました。

本日のまごころ職人

本日は滋賀県湖南市の笹ヶ谷霊園のお墓(基礎工事)づくりをご紹介いたします。

 

 

<工事着工前>

基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

 

 

<根掘工の状況>

まずは根掘工をおこないます。ユンボや人力で通路面から約30センチ程掘り下げます。周りのお墓にご迷惑がかからないようにしっかりと養生します。

 

 

<転圧工>

根掘工のあとは直径15センチ内外の割栗を敷き詰めてランマーで転圧します。その後に目詰め砕石を敷き詰めて、もう一度ランマーで十分に転圧をして地盤の強化をはかります。

 

 

<配筋工の状況>

配筋工の状況です。コンクリートのひび割れを防ぐ為約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。配筋後はピンコロ石のスペーサーを用いて鉄筋を浮かせる事で地中からのサビを防ぎます。

 

 

<コンクリート打設工>

最後にコンクリート打設工を行います。打設後はバイブレーターで適度な振動を与えて内部の気泡を除去します。そうする事でコンクリートの密度を高め、骨材が均等に分散した強い基礎に仕上げます。打設後はコテなどを使用して表面を均等にならします。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は静岡県袋井市諸井にある諸井共同墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

土台となる石材を据え付けていきます。四隅にはステンレス製の心棒を使用し、石材同士をしっかりと固定していきます。

納骨室になる部分には砂を敷き均し、明るい色の御影石を設置しました。

 

 

さらに石材を設置して、土台部分が完成しました。

 

 

竿石を据え付けていきます。石材が上下に重なる部分には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施します。

 

 

いよいよ仕上げの工程に入りました。石材の隙間に汚れなどが入り込まないようにシーリング材を充填しています。シーリング目地の太さが均一になるよう慎重に引いていきます。

 

 

竿石の横に建立年月日と建立者のお名前を彫刻しました。宗派や地域によってはご健在な方のお名前には朱色を入れることがあります。

 

 

竿石の背面には納骨される方の戒名や俗名を彫刻しました。お名前がしっかりと見えるように、こちらには白色を入れております。

 

 

広い納骨室を備えた丘カロートのお墓が完成しました。竿石に大きく彫られた花の彫刻には色を入れずに、淡い印象となるように仕上げております。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

本日は島根県浜田市にある竹迫墓地のお墓づくりをご紹介いたします。

 

 

<石材据え付け状況>

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して丁寧に石を据え付けていきます。

 

 

<ステンレス金具取付状況>

ステンレス金具取付状況です。石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を取り付けます。ステンレス金具は地震対策の一つとしてとても重要です。

 

 

<免震シート取り付け状況>

免震シート取り付け状況です。石材の重なる部分には免震シートを取り付ける事で地震の揺れを軽減して大切なお墓をお守り致します。これは地震対策の一つとしてとても重要なポイントです。

 

<シーリング加工状況>

シーリング加工の状況です。石材同士の隙間を塞ぐ為シーリング材でシーリング加工を施します。

 

 

<お墓完成状況>

本日もまごころ職人が施工したお墓が無事完成いたしました。「アコール」というデザインで2種類の石種を用いる事でオリジナルティの高いデザインとなっています。ベンチを兼ねた幅広の門柱にはデザイン性と機能性の両方を備えました。入口部分には広いスペースをとって段差を最小限として、小さなお子様やお年寄りにも十分な安全を配慮しています。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は千葉県松戸市田中新田にある八柱霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

石積み工事が始まりました。お天気に恵まれ、絶好のお墓つくり日和です。

奥に見える機材は石材を吊り上げるカニクレーンです。限られた幅の通路では様々な方向に脚を伸ばしバランスを取ります。

 

 

石材を据え付けていきます。

区画の背面から写真を撮っています。

 

 

正面から写真を撮っていきます。

石材同士が上下に重なる部分には免震シートと免震ボンドを挟み、地震対策を施します。

 

 

納骨室の様子です。

お骨壺を安定してお納めできるよう明るい白御影石の板石を設置しました。手前のにはご遺骨を土に還せるスペースを設けてあります。お墓が完成すると見えなくなってしまう部分ですが、大切にお作りしています。

 

 

石材同士の隙間に汚れが入り込まないようにシーリング材を充填したら、いよいよ完成となります。

ガイドとなるマスキングテープを慎重に貼っていきます。

 

 

お墓が完成しました。

外柵にはグレーの御影石を使用し、石塔には外柵より深いグレーの石をお選びいただきました。晴れた日の工事でしたので、お日様の当たり方で石の見え方が変化する様子が写真でも良く分かるのではないでしょうか。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

本日は宮城県仙台市にある寺院墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

【工事着工前の状況】
今回のお墓づくりは、既存の外柵(囲い)に新たにお石塔を載せる工事になります。

 

 

【お石塔を設置状況】
既存の石材を取り除きましたら、新たなお石塔となる土台石(下台)からを設置していきます。こにらの土台石(下台)がお墓の左右や前後の取り合い等の基準となりますので、斜めになっていないか、前後の傾きがないか、バランスを見ながら設置していきます。土台石(下台)の天端に乗っている黒いシートは墓石用免振シートになります。グレー色の丸いのは墓石用免振ボンドになります。地震対策といたしまして私共まごころ価格ドットコムでは、すべてのお墓に標準で免振シートを取り付けております。

 

 

【塔婆立て用の台座の設置状況】
既存の囲い(外柵)と、土台石(下台)との間を計算しながら台座を設置していきます。

 

 

【ステンレス塔婆立て取り付け後の状況】
お塔婆立てを設置後、お墓を横から写真です。寸法どおりピッタリ設置されています。

 

 

 

【お墓の完成状況】
完成後に正面から見た写真です。既存の囲い(外柵)を活用し、見事にバランスの取れたお墓に仕上がりました。彫刻の全体部分をお見せできないのが残念ですが、彫刻文字と桜の花びらが美しく見えます。また、お石塔周りの化粧砂利も綺麗に見えますね。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。