本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.6.4

まごころ価格ドットコムの記事がyahooニュースで紹介されました。

本日のまごころ職人

本日は千葉県千葉市花見川区の寺院墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介いたします。

 

本日もまごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。
まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定します。

 

 

このように、地震対策の一つとして石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定しています。

 

このように人力で持ち運びが難しい石材はクレーンを使用して慎重に据え付けします。

 

大切なお墓をお守りする為石材の重なる部分には免震シートを使用しています。地震の揺れを軽減する事でお墓の倒壊を防ぎます。

 

石材の隙間を塞ぐためマスキングテープで養生してからシーリング加工を行います。

 

 

本日もまごころ職人が施工したお墓が無事完成しました。伝統的な和型のお墓のデザインで石塔部分はインドSRを使用しています。重厚感に満ちた深く濃いグリーンが特徴のインド御影石です。
お墓の完成後はこのようにお施主様のお墓はもちろん、使用した通路などの清掃を行って引き渡しとしています。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は東京都八王子市緑町にある緑町霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

こちらの区画にお墓を建立いたします。

 

 

基礎工事の様子です。

左右のお墓にご迷惑が掛からないよう養生をしてコンクリートを流し込みました。

真ん中の四角い部分が納骨室になります。丸い筒は水抜き穴です。コンクリートが充分に固まったことを確認して枠を外していきます。

 

 

石材を順番に据え付けていきます。

石材の隅はステンレス製のL字金具でしっかりと固定します。

 

 

石材が上下に重なる部分には免震シートを挟んで地震対策を施します。

 

 

隙間に汚れなどが入り込まないようにマスキングテープで養生をしてからシーリング剤を充填します。繊細な作業なので慎重に行います。

 

 

お墓が完成しました。

ハンドブックで提案しているデザインを基本にして、区画の大きさに合わせてお作りしました。

通路からの段差を少なくし、外柵の高さを抑えているのでお参りとお手入れがしやすいデザインとなっております。

伝統的な和型のお石塔にはグレーの御影石をお選びいただきました。2種類の石種をでお作りしておりますので、それぞれの石材の個性を楽しむことが出来ます。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

 

本日は奈良県橿原市にある香久山霊園のお墓づくりをご紹介いたします。

 

既存の巻石をそのまま使用しての施工となります。納骨室下のコンクリート基礎を十分に養生して強度が確認されたので、いよいよ石積工事に取り掛かります。

 

 

コンクリート基礎の上にモルタルと石材専用の接着を使用しながら水平を調整して白御影石の納骨室部分を組み立てていきます。

 

 

周りに砕石を敷き詰めて、清潔感の有る白御影石の納骨室が出来上がりました。

 

 

納骨室の開口部には石塔と同じ黒御影石を使用して統一感のあるお墓に仕上げています。

 

 

仏石(竿石)と上台など石と石の間には、長年建設業界でも使用されてきた免震性の高いブチルゴムのシートを挟んで積み上げていきます。この黒いゴムシートが地震の揺れから大切なお墓を守ります。

 

関西地方では、白御影石や青御影石の和型の石塔が多く建てられます。 こちらの霊園でも9割以上が和型の白御影石の石塔が建てられています。

そんな中で黒御影石の洋型の石塔が際立っています。 仏石(竿石)の左下と右上に刻んだ桜の花模様がバランスよく配置された重厚感のある素敵なお墓の完成です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は宮城県柴田郡大河原町にある頼母山霊園の基礎工事をご紹介いたします。

 

こちらの区画にお墓の土台となる基礎工事を施工します。

 

まずは約30cmほど地面を掘り下げる”根堀り”という作業を行います。

 

次に大きい石を隙間なく敷き詰める砕石作業を行います。

 

さらに隙間を埋めるように細かい石を敷き詰めて表面を均していきます。

 

砕石が終わったら、次に地面を叩き締める転圧作業を行います。どの工程も重要ですがこの転圧作業は非常に重要で、どんなに基礎コンクリートを厚く打っても、転圧を十分に行わないと後々お墓が傾く原因になったりもします。

 

コンクリートは圧縮強度に比べて引っ張り強度が極めて小さく、ひび割れが入りやすいので15cm~20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。鉄筋の下に置いてある石は鉄筋が地中に接触しないようにする役割と、生コンクリートが鉄筋の下に潜り込み、鉄筋を包み込みやすくするためです。(鉄筋の錆防止と鉄筋とコンクリートの相乗効果を上げるためです。)中央奥の四角い枠は納骨室、丸い筒のところは水抜き穴になります。

 

配筋完了後、コンクリートを流し込む作業を行います。表面を均しつつコンクリート中の空気を抜いていきます。

 

一定期間(約1週間位)養生して、木枠を外すと基礎工事完了となります。お墓の土台が完成し、いよいよ墓石の積み込み工事が施工可能となります。

 

 

本日は山形県天童市にある共同墓地のお墓づくりをご紹介いたします。

 

【石積工事着工前】

基礎工事が終わり一定の養生期間をおいて石積工事を開始いたします。

 

 

【ステンレス金具取付】

まずは石材用ボンドとモルタルを使用して外柵部分を据え付けます。
石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

 

 

【免震シート取付】

大切なお墓をお守りする為、石材の重なる部分には免震シートを使用して地震の揺れを軽減します。

 

 

 

【シーリング加工】

このように石材の隙間を塞ぐ為、マスキングテープで養生してからシーリング加工を行います。

 

 

【お墓完成】

本日もまごころ職人が施工したお墓が無事完成しました。
御施主様の希望でコンクリートでカサ上げを行い、すべり止め加工を施しました。雨の日でも安心してお墓参りができます。
石塔部分には人気の石種YKDを使用しています。キメが細かく磨けば最上級の艶をまとう執行久野インド産御影石。採掘量・品質共に安定していることも魅力の一つです。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。