本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日は埼玉県さいたま市にある青山苑でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

こちらの基礎の上に石積工事を施工します。

 

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用して石材同士しっかりと固定します。

 

まごころ職人が丁寧に施工した洋型のお墓が無事完成しました。白御影と五色玉砂利の色合いが美しいお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は鹿児島県鹿児島市にある坂元墓地でまごころ職人が施工したお墓(基礎工事)づくりをご紹介します。

 

 工事着工前。基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

工事着工前。基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

 

根掘工。まずは根掘工を行います。通路面から約30センチ程掘り下げます。

根掘工。まずは根掘工を行います。通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

 転圧工。割栗、砕石を敷き詰めてランマー等でしっかりと踏み固めます。  転圧工。割栗、砕石を敷き詰めてランマー等でしっかりと踏み固めます。

転圧工。割栗、砕石を敷き詰めてランマー等でしっかりと踏み固めます。

 

 配筋工。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

配筋工。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

 

打設工。型枠にコンクリートを流し込みコテで均します。一定の養生期間をおいて型枠を外して基礎工事の完成です。 打設工。型枠にコンクリートを流し込みコテで均します。一定の養生期間をおいて型枠を外して基礎工事の完成です。

打設工。型枠にコンクリートを流し込みコテで均します。一定の養生期間をおいて型枠を外して基礎工事の完成です。

本日は東京都杉並区にある和田堀廟所でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

石材の隅々にサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

石材の隅々にサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

 石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守りします。  石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守りします。

石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守りします。

 

女性に人気のピンク御影石G488を使用した和型のお墓が無事完成しました。

女性に人気のピンク御影石G488を使用した和型のお墓が無事完成しました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は埼玉県比企郡川島町にある金乗院でまごころ職人が施工したお墓(基礎工事)づくりをご紹介します。

 

 根掘工。通路面から約30センチ程掘り下げます。

根掘工。通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

 転圧工。根掘りの上から砕石を敷き詰めてランマー等でしっかりと踏み固めます。  転圧工。根掘りの上から砕石を敷き詰めてランマー等でしっかりと踏み固めます。

転圧工。根掘りの上から砕石を敷き詰めてランマー等でしっかりと踏み固めます。

 

 配筋工。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

配筋工。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

 

打設工。型枠にコンクリートを流し込み一定の養生期間をおきます。基礎が固まったら型枠を外して基礎工事の完成です。

打設工。型枠にコンクリートを流し込み一定の養生期間をおきます。基礎が固まったら型枠を外して基礎工事の完成です。

本日は神奈川県横須賀市にある横須賀市営公園墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定します。 石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定します。石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用して石材同士しっかりと固定します。  地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用して石材同士しっかりと固定します。

地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用して石材同士しっかりと固定します。

 

インドSRとG688中目二色の石材を使用しています。ベンチを兼ねた幅広の門柱にはデザイン性と機能性の両方を兼ね備えました。

インドSRとG688中目二色の石材を使用しています。ベンチを兼ねた幅広の門柱にはデザイン性と機能性の両方を兼ね備えました。

 

本日のまごころ職人のお墓作りは大阪狭山市の基礎工事です。