本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日は東京都新宿区にある寺院墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

こちらの基礎の上に石積工事を施工します。

 

まずは土台となる外柵から据え付けていきます。

 

石材の角々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

 

石材が上下に重なる部位には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施します。

 

完成しました。デザインは当社オリジナルの和型の”すいれん”です。石材は白色系に近い中間色が特徴のアーバングレーです。重くなり過ぎずに風格のあるお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は東京都八王子市にある寺院墓地でまごころ職人が施工した基礎工事をご紹介します。

 

約30cmほど根掘りします。

 

コンクリートのひび割れを防ぎ、強度を高める為に格子状に配筋します。

 

コンクリートを流し込み、表面をならします。

 

一定期間養生し、コンクリートが固まり枠を外すと基礎工事完了です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は神奈川県川崎市にある緑ヶ丘霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

こちらの基礎の上に石積工事を施工します。

 

まずは土台となる外柵から据え付けていきます。

 

石材の角々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

 

地震対策として、揺れを軽減する黒いゴム状のシートと耐震ボンドで大切なお墓をお守りしています。

 

完成しました。デザインは当社オリジナルの波型ラインが美しい”コンコルド”です。石塔はグレー御影石の代表格のG654、外柵は白御影石のG688中目を使用し、五色玉砂利を敷き詰めました。対比した石材を使用したことで、暗くも明るくもなり過ぎずバランスの良いお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は東京都府中市にある多磨霊園でまごころ職人が施工した基礎工事をご紹介します。

 

こちらにお墓の土台となる基礎工事を施工します。

 

約30cmほど根掘りします。

 

石を敷き詰める砕石を行い、その後地面を叩き締める転圧作業を行います。

 

コンクリートのひび割れを防ぎ、強度を高める為に格子状に配筋します。左の写真の上部の四角い枠の部分がカロート(納骨室)となります。丸い筒状のものは雨水などが溜まらないように水抜きのためにつくられています。

 

コンクリートを流し込み表面をならします。一定期間養生し、コンクリートが固まり枠を外すと基礎工事完了となります。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は山梨県北杜市白州町にある共同墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

石材の隅々にはL字金具を使用して石材同士しっかりと固定します。 サビに強いステンレス金具を使用しています。

石材の隅々にはL字金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材が重なる部分には免震シートを使用しています。 大切なお墓をお守りする為免震シートを使用しています。

石材が重なる部分には免震シートを使用して地震からお墓をお守りします。

 

桜御影と呼ばれるピンクを帯びたG488の石を使用しています。雑草対策としてコンクリートの上に五色の玉砂利を敷き詰めています。

本日もまごころ職人が丁寧に施工したお墓が完成しました。桜御影と呼ばれるピンクを帯びたG488の石を使用しています。雑草対策としてコンクリートの上に五色の玉砂利を敷き詰めています。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。