まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2021.8.24

ワイドスクランブルで当社墓じまい調査が使用されました。(8/24更新)

お墓じまいの相談

先日、私どもの新聞広告をご覧になられたお客様から
「実家のお墓を墓じまいして、両親の遺骨を永代供養墓で供養したい」とご相談がありました。
ご自身も高齢になり、頻繁にお墓参りに行けずに、先祖代々受け継いできた墓地が少しずつ荒れ果てていくのを忍びなく思っていらしたようです。
そこで現在お住いの近くで供養先を探しはじめたとおっしゃっていました。

自由にお骨上げができないってホント!

最近、このようなお問合せが増えてきています。
お墓に埋葬しているご遺骨を別の場所に移すことを改葬といいます。
この改葬は実は自由に行うことができないのです。

手続きって面倒なのでは

現在、埋葬されているご遺骨を新しい場所に移す手続きには役所の許可が必要になります。
一般的には移転先の管理先の役所から「受け入れ証明書」を発行していただきます。
次に今お墓のある管理者から埋蔵証明を貰います。
それから、その受け入れ証明と埋蔵証明を提出し、市町村の役所から「改葬許可申請書」をもらい記入します。
そのあと、記入した「改葬許可申請書」に現在の墓所の管理者様から署名捺印をもらいます。
書類がすべて揃ったら、今お墓のある市町村役所に提出して「改葬許可証」を発行してもらい初めてお墓を移すことができます。

このように手続きはとても煩雑なものです。
そのよう煩雑な手続きも私どもがしっかりサポートさせていただきます。
何なりとご相談ください。

どんなお悩みもプロとして適切にそしてお気持ちを汲んでご提案していきます。

寺澤美紀

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。