墓じまいトータルサポート 解体付き安心墓つくり

まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2022.9.2

墓じまいサービス。分割ローン開始しました

故人を近くに感じられる供養方法の一つ

墓じまいのサポートをさせて頂いたお客様から「手元供養」のご相談がございました。
手元供養について、ご不明なことが多いと思いますのでご紹介いたします。

手元供養とは

一般的なお墓や納骨堂にご遺骨を納めて供養する代わりに、故人のご遺骨を自宅など身近において偲ぶ供養の一つが手元供養と言われております。なかには自宅供養と及びする方もおります。
また、ご遺骨の一部分をペンダントやネックレス、指輪などアクセサリーにして肌身に着けて自分のそばで供養する方法があります。
また、自宅にインテリアに合うように現代的でおしゃれなお骨壺や納骨家具に納めて供養する方もおります。

なぜ手元供養を希望するのでしょう

手元供養は「故人のことを身近に感じたい」「故人に偲びたい」という故人とのつながりを強く持ちたいと云う想いを持たれる方が使われております。
最近は戒名を持たず、お位牌を作らない方々がいらっしゃいます。
お位牌は、故人の魂が宿されたものとされ、自宅仏壇に置き、家族の方々が供養するものとされております。
お位牌を持たないお宅においては、手元供養が、故人の魂に代わる対象物として置かれているのです。
ほかの理由としてはお墓が遠方にあったり、お墓を持てない方などの理由のケースもあります。
墓じまいしたあとに手元供養になさる方も増えてきました。
心情的な感覚、供養感の多様性、それに都市部の住宅事情や経済的な面からも手元供養を選ばれているように思います。

寺澤美紀

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。