まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2021.8.24

ワイドスクランブルで当社墓じまい調査が使用されました。(8/24更新)

納骨堂、見学してきました。

まごころ価格ドットコムの石井です。
先日、墓じまい後の供養先の1つとして、納骨堂という選択がある事をお伝えしましたが
今日は、とある納骨堂を見学して参りましたので、ご紹介したいと思います。
今回見学した納骨堂は、千葉県千葉市にある納骨堂です。
納骨堂は、最寄り駅から近くにある事が多いですが、こちらの納骨堂も
最寄り駅から徒歩2~3分くらいの所でした。
館内もまだ新しく、とてもキレイでした。
納骨堂には2種類あります。1つは、ロッカータイプの納骨堂、
もう1つは、自動搬送式の納骨堂です。今回見学したのは、自動搬送式の納骨堂になります。
入口でカードキーをかざし指定された場所に向かうと、お骨の入った厨子と家名の入ったプレートが
目の前に現れます。お花やお香は準備されているので持っていく必要はありません。
お香の側には小さい画面があり、そこには亡くなられた方の写真や戒名が表示されました。
また亡くなった方を思って、お孫さんの書いた絵などをその画面に映されてる方もいるとの事でした。
ここの納骨堂は、基本的に和型デザインのものと、洋型デザインのものがありました。
和型デザインは黒御影石を基調として、洋型デザインは白御影石を基調としていました。
私は今まで何ヶ所か納骨堂を見学してきましたが、今回のここが一番広かったです。
また葬儀や法事などができるスペースもありました。
納骨堂の1番のメリットは、比較的交通の便が良い立地にあるという所です。
墓じまいをお考えの方で、お参りが大変だな~と思われている方は、
一度納骨堂を見学しても良いのではないのでしょうか?
墓じまいの事・墓じまい後の供養先の事などに関するご不明な点は
当社フリーダイヤル(TEL 0120-983-035)までご連絡下さい。

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。