まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2021.8.24

ワイドスクランブルで当社墓じまい調査が使用されました。(8/24更新)

墓じまいってなに?

皆さま「墓じまい」という言葉を耳にされたことはございますでしょうか。最近、TVやインターネットなどで取り上げられることが多くなってきた言葉なんです。今回はその墓じまいについてご説明させていただきます。

墓じまいとは?


墓じまいとは文字の通り、墓をしまうことです。「しまう」というのはお墓を解体し、更地に戻し、お骨を違う場所に納骨するまでを指します。えー、今までお参りしてきたお墓を壊してもいいの?と思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、最近は様々な理由で「墓じまい」をご検討されている方が多いんです。その理由とは…

なぜ、墓じまい?


今までお参りしてきたお墓をなぜしまわなければいけないのでしょうか?実は日本の年代別の人口の分布(人口構造)が関係しているんです。最近は出生率が下がっているのでそれに比例して、将来お墓を守る人が減ります。更に、子供がいない方は高齢になってもお墓を守らなければいけない…という状況になるケースも。また、実家は九州だけど東京に住んでいるなど、お墓とお住まいが離れているケースもあります。
そういった問題で「お墓をしまわなければいけない」方が増えてきているんです。「墓じまい」はご家族ごとに複雑な事情もあるケースが多いので簡単に判断ができません。
私どもに墓じまいのご相談をいただいた方にお話をお伺いすると「自分が元気なうちに」、「子供には負担はかけられない」などのご理由で墓じまいに踏み切る、とても責任感が強い方が本当に多くいらっしゃいます。

永代供養墓(えいたいくようぼ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


「個別タイプ」と「合葬墓(がっそうぼ)タイプ」の2種類があります。
お墓と違うのは、永代にわたって供養してもらえるというところです。ただし、決められた年数が経つとどちらのタイプも合葬墓に埋葬されます。※永代(えいたい)とは永久という意味ではないのでご注意ください。
≪合葬墓タイプの永代供養墓。大きい…。≫

納骨堂


こちらも永代にわたって供養してもらえるタイプのものです。ロッカータイプや自動搬送式などがあります。ほとんどが室内にありますので、天候が悪くてもお参りに行くことができます。また、墓地と違って駅の近くにあるのも人気の理由です。このタイプも一定期間が経つと合葬墓に埋葬される場合が多いです。

海洋散骨


前の二つと違ってどこかに納めるのではなく、お骨を細かくし、海にまいて供養します。初めて聞いたときは驚きましたが最近は新たな供養方法として選ばれる方が増えてきたようです。ただし、すべて散骨してしまうとお骨は手元に残りませんのでご家族みなさまでの話し合いが必要だと思います。

いかがでしたか?お墓でも永代供養墓でも散骨でも、大切なのはお亡くなりになった方をどのようにご供養していくかではないでしょうか。ただ、どちらにしても日本人にとって「お墓」って特別なものだと思います。おじいちゃんやおばあちゃん。父や母が入っているお墓に手を合わせて、こんなことがあったよと報告するのは日本の文化としてとてもいいなと感じます。
お墓じまいにつきましてご質問がございましたらお電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。