まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2021.8.24

ワイドスクランブルで当社墓じまい調査が使用されました。(8/24更新)

ご近所の方からの要望

先日、お墓をサポートさせていただいたお客様から
「お墓を建てたほうがいいか、建てないほうがいいか迷っています」
とご相談をいただきました。

生前、お父様は「お墓はいらないからね」と話していたそうです。
ただ、お客様はご近所の方々がお参りできようなお墓を建てたらいいのかな・・・と
話しておられました。

「なぜ、ご近所の方々のために?」
私の中で疑問がでてきました。

詳しく伺ったところ
お父様はとても世話好きな方で、困っている人がいると
放っておけない性格だったそうです。

お亡くなりになったあともご近所のかたが相談に行けるような
場所(お墓)をつくってほしいと熱い要望があったとおっしゃっていました。

お客様から要望を聞き取りながら、お参りにこられた方が
ゆっくり座りながらお父様とお話をしていただけるよう、
敷地内にベンチを設置させていただきました。
また、正面にはお父様のお名前の一文字を彫刻して
ご提案させていただきました。

娘様からお父様への感謝の気持ちと思い出話を聞かせていただき、
人望の厚さと皆さまから愛されていたかたなんだなと思い
胸がいっぱいになりました。

どんなお悩みもプロとして適切にそしてお気持ちを汲んでご提案していきます。

まごころレディ-寺澤美紀
寺澤 美紀

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。