まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2021.8.24

ワイドスクランブルで当社墓じまい調査が使用されました。(8/24更新)

狭い敷地に2基のお墓

お墓をご検討しているのですが、敷地が狭いのです。
作れるかどうか相談をしたいのですが。。。と、お電話でご相談をいただきました。

墓地の状況を伺ったところ、『実は現在、祖父母のお墓が建っています。
そのお墓の左右が空いているので、祖父母のお墓を右側に動かして、空いたスペースに
お墓をもう1基新しく作りたいのです。ただ、ちょっと狭いので。。。』との事でした。

『どれくらいの広さでしょうか。』と伺いましたところ、『非常に申し上げにくいのですが、
幅は180cmくらいありますが、奥行は90cmくらいなのです。作れますか?』

御兄弟様やご家族様などで、お墓を並べて作る事はめずらしい事ではありません。
ですが、あまり余裕がない敷地に、2基並べてというのは初めての経験でした。

ご事情を伺ったところ、お亡くなりになられていらっしゃるお婆様と、今回お亡くなりになられたお母様はとても仲が良かったそうです。

お母様は生前、『あの世でも、お義母さんとおしゃべりしたい。』とおっしゃっていたそうです。
その希望を何とか実行できないかという、息子様からのご相談でした。

『仲が良かったので、お墓も似た形で作りたいと思っています。』と、ご希望をいただきました。
私どもでお墓の形と寸法を確認させていただき、敷地におそろいのお墓が2基並びました。

『祖母も母も喜んでいると思います。』とご連絡をいただきました。
皆様のお墓づくりをサポートいたします。
ご相談をお待ちしております。

まごころレディ-成田めぐみ
成田めぐみ

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。