まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2021.8.24

ワイドスクランブルで当社墓じまい調査が使用されました。(8/24更新)

彫刻文字の色入れ

墓石の彫刻部分への色入れについて、お問い合わせをいただくことがあります。
彫刻文字への色入れは、使う石の種類や地域などにより異なります。
彫刻部分に色をお入れする場合は、白または黒色が多いです。九州地方では金色をお入れする地域もあります。

文字彫刻の色入れについて

白御影石の場合には、彫刻したままだと、文字が見えづらい場合があります。
白御影石に白色をお入した場合、彫刻文字が見えやすくなり、優しい雰囲気になります。
黒色をお入れした場合は、彫刻部分がはっきりとして、離れたところからでも見えやすくなります。

黒御影石は、色を入れず、彫ったままという方もいらっしゃいます。
白色をお入れした場合には、色のコントラストがはっきりと出て大変見やすくなります。

お花など細かい模様を彫刻される場合には色を入れると模様がはっきりと見えてきれいです。

文字彫刻部分のメンテナンス

彫刻に色をお入れした場合には、何年かすると塗料がはがれてくるため定期的なメンテナンスが必要になります。
また、建立者がお亡くなりになり、朱色を入れた彫刻部分の色取りなどが必要になる場合もあります。

私どもでは、彫刻の色入れ、色取りなどアフターサービスを行っております。
ご希望の方はお気軽にご相談ください。

まごころレディ-太田未央
太田

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。