まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2021.8.24

ワイドスクランブルで当社墓じまい調査が使用されました。(8/24更新)

うちだけ違ってもいいの?

先日、工事が終わったお客様からご依頼いただいたご質問です。

そのお客様は寺院墓地にお墓を建立予定の方で周りは和型のお墓ばかり。でも、そのお客様は洋型を建てたいとお考えでした。
なぜだろう?と思ってお話を聞いていくと、亡くなったお父様が子供や孫がお参りにきたときに掃除が大変で
「墓参り行きたくない!と言ったら大変だ。お墓は背が低いものにしよう」とおっしゃていたそうなのです。

それでも、いざ建てるとなると自分の家のお墓だけ洋型…迷いますよね。当然です。初めてのお墓づくり。お隣や周りのお墓が気になります。
「うちだけ違ってもいいの?」という質問に対して私は「良いと思います」とお答えしました。
墓石はお客様の思いやお考えが反映されたものが一番大事だと思います。故人もお参りされるご家族様もご納得してお墓を建てていただきたいと思っています。
周りのお墓を気にしすぎて建てたあとで、「あーやっぱり洋型にしておけばよかった」後悔するのは私どもとしても非常に残念です。

私どもはお客様に完成予想図というCG(コンピューターグラフィック)をお作りしております。「うちだけ違ってもいいの?」とお悩みの方は一度ご相談ください。

そのお客様もご家族様とお話しをされて、4度の完成予想図の変更を経て洋型のお墓を建てられました。

一生に一度のお墓づくり。これからもご家族の愛のシンボルであるお墓づくりをお手伝いしていきます。

まごころマン-本間一彰

本間

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。