まごころ価格の知恵袋
CHIE BUKURO

重要なお知らせ
2018.6.18

大きな地震や余震があった時は絶対にお墓に触れないようにしてください。

まごころ価格の知恵袋

今日は、お墓を建てるときについ見落としがちで、でも知っておいたほうが良い大事なポイントについてお話しします。

石でできたお墓が重いであろうことは、容易に想像がつくかと思いますが「お墓の重さがどれくらいになるか」などと考えられたことはあるでしょうか?

標準的なものでなんと1.5トン…。
ほぼ普通車一台分の重さ(!)になるのです。

つまり、お墓を支える「基礎」がいかに大切であるかをおわかりいただけると思います。

「基礎」は、文字通りお墓の基礎、いちばんベースになる部分です。

基礎工事がきちんと行われていないと、お墓が年月とともに傾いたり地震で倒れやすくなってしまいます。

ただの土の上に建てたり、基礎があっても薄い基礎ではお墓の重さが支えきれなくなります。

コンクリートと鉄筋はベストパートナー

一般的に基礎に使われるコンクリートには、折れやすいという特徴がありますがこの弱点を補うのが鉄筋です。
コンクリートの中に鉄筋を張り巡らせることによって、強度を持たせるのです。

一方、鉄筋は鉄ですから、錆びやすい。
コンクリートはアルカリ性のため、中の鉄筋を酸化(サビ)から守ります。

お互いの弱点をお互いの特性で克服しているというわけです。

ところが、残念なことに、基礎にコンクリートを打っても鉄筋をきちんと使っていない石屋さんも未だにいます(雪の少ない関西地方などに多いです)。

ただ鉄筋を入れればよいという訳でもありません。

実は多くの現場を見ていると、鉄筋を直接地面に刺してしまっています。

鉄筋を地面に直接刺してはいけない理由

これがなぜいけないのかというと、鉄筋を直接土に刺すと地面から水分を吸ってサビをもらってしまい、

さらに鉄筋を伝わって、せっかくのコンクリートの内部までサビが伝播していってしまうからです。

鉄筋が錆びてしまえば、内部の耐久度を落としてしまいます。

ちなみに私たちは、現代の石職人のこだわりとしてスペーサーという部材を使い、鉄筋が直接地面につかないような工法をとっています。

鉄筋のスペーサー

お墓を建てるときには、どうしても主役の「墓石」の方ばかり目がいきがちですがこれを機会に、縁の下の力持ち「基礎」にも関心を持っていただければ幸いです。

もっと基礎のことや工事のことが知りたい!と思われたら、お気軽にメールかフリーダイヤルでお問い合わせください。

私どもでは、お墓を購入いただいた方へ、お墓の工程報告書をお届けしております。

家の新築工事とちがい、ずっと現場で見ているのはむずかしいという方も多いはず。

そんな方々にもぜひ、お墓をつくる様子を知っていただきたい、チェックしていただきたいと考えております。

チェックする部分

例えば、石を組み上げる工事では

  • 石と石のつなぎ目に金具が入っているか
  • 台石と一番上の石(棹石)の間に、地震対策の免震シートが入っているか

など、写真でご覧いただけます。

また、完成後では見えなくなってしまう部分、基礎工事の大切さはもう、みなさん、ご承知のことでしょう。

  • どのくらい深く土を掘ったか
  • 鉄筋を組んだところ
  • コンクリートを打った後

を視覚化することで、本当の基礎の厚さをご確認いただけます。

お客様のなかには、工事関係のお仕事にたずさわる方もいらっしゃるかもしれません。
そのようなプロの目から見ても、「これなら手抜きはできないよね」と評価いただけるレベルのものをお届けしたいと考えております。

遠くにお墓を建てる方は意外と多い

実は、まごころ価格ドットコムの資料をご請求いただく方は、実際にお墓を建てる場所とは違う地域にお住まいの方が意外と多いのです。

例えば、首都圏で働く息子さんや娘さんが、「両親が住む地方でお墓を建てたい」といったケースです。

工事の場所と離れて生活されている場合は特に、定期的に足を運んでその様子をチェックしていただくことはむずかしくなりますよね。

そんな方々にも報告書をお届けすることで、ご安心いただければと思っております。

工事やサービスに関する疑問・ご質問がございましたらどうぞ、お気軽にフリーダイヤルまたはメールでお問い合わせください。

1 / 11