本日のまごころ職人
CLAFTMAN

お知らせ
2021.11.6

本日(11/6)の日経新聞に墓じまい記事が紹介されました。

宮城県仙台市にある寺院墓地にてのお墓づくり

タグ

仙台市

本日は宮城県仙台市にある寺院墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

【工事着工前の状況】
今回のお墓づくりは、既存の外柵(囲い)に新たにお石塔を載せる工事になります。

 

 

【お石塔を設置状況】
既存の石材を取り除きましたら、新たなお石塔となる土台石(下台)からを設置していきます。こにらの土台石(下台)がお墓の左右や前後の取り合い等の基準となりますので、斜めになっていないか、前後の傾きがないか、バランスを見ながら設置していきます。土台石(下台)の天端に乗っている黒いシートは墓石用免振シートになります。グレー色の丸いのは墓石用免振ボンドになります。地震対策といたしまして私共まごころ価格ドットコムでは、すべてのお墓に標準で免振シートを取り付けております。

 

 

【塔婆立て用の台座の設置状況】
既存の囲い(外柵)と、土台石(下台)との間を計算しながら台座を設置していきます。

 

 

【ステンレス塔婆立て取り付け後の状況】
お塔婆立てを設置後、お墓を横から写真です。寸法どおりピッタリ設置されています。

 

 

 

【お墓の完成状況】
完成後に正面から見た写真です。既存の囲い(外柵)を活用し、見事にバランスの取れたお墓に仕上がりました。彫刻の全体部分をお見せできないのが残念ですが、彫刻文字と桜の花びらが美しく見えます。また、お石塔周りの化粧砂利も綺麗に見えますね。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。