本日のまごころ職人
CLAFTMAN

神奈川県横須賀市にある横須賀市営公園墓地でのお墓づくり

本日は神奈川県横須賀市にある横須賀市営公園墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

基礎工事完了着工前

一定の養生期間を経て、いよいよ石積工事の開始です。

霊園の規定により地下カロートでの施工になります。

 

カートクレーンの足場を養生

通路に傷が付かないように木製の板や毛布等でしっかり養生してから施工に入ります。

石材は重量が有るので蟹のような形をしたカートクレーンで吊りながら慎重に設置していきます。

 

ステンレスL型金具

石と石の繋ぎ目は地震等の揺れが有った場合に開かないように

L型のステンレスアンカーと石材専用のボンドで頑丈に固定します。

 

白御影石の二段カロート

霊園規定により納骨室は2段カロートにして霊園内に敷設してある排水パイプに接続します。

お骨壺を安置する納骨室は清潔なイメージの白御影石でお作りしました。

 

エアーグリップで免震施工

石塔の石と石の間にはエアーグリップという免震シートを挟んで地震等の揺れから大切なお墓を守ります。

 

マスキングテープで養生後にシーリング

石と石の繋ぎ目を黄色のマスキングテープ(紙テープ)で養生してコーキングを充填して水や埃の侵入を防ぎます。

 

インパラブルーの青の結晶

洋型の石塔ですが仏石(竿石)部分を縦長にした斬新なデザインです。

メインの石には南アフリカ産のインパラブルーという光の加減で青い結晶が美しく浮かび上がる御影石を使用。

また、インド産のバハマブルーという色味がバハマの海を思わせる石との組み合わせがとてもスタイリッシュなお墓に仕上がりました。