本日のまごころ職人
CLAFTMAN

お知らせ
2023.1.26

施工実績を更新いたしました。

東京都日野市にある寺院墓地のお墓つくり

新年明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

本日は東京都日野市にある寺院墓地でまごころ職人が施工したお墓つくりを紹介します。

 

石材同士を金具で固定 ずれないように石材の隅々を金具で固定

出来上がった基礎に石材を据え付けていきます。
据え付けた石材が地震などによってずれないように、隅々にはサビに強いステンレス製の金具で固定しています。このように金具で補強することによって強度を上げています。

 

納骨室の上に石材を積み上げる状況

納骨室の状況です。お骨壺で納骨するため、中には板石を設置しています。
全体に設置するのではなく、一部は土のままで仕上げています。納骨しているお骨は将来、土に還すことになるので、納骨室にまくためにこのようなつくりになっています。
納骨室の上に今度は石塔を積み上げていきます。
まごころ価格ドットコムでは免震耐震施工を採用しています。
積み上げる石材の間には免震効果のあるシートと耐震効果のあるボンドを必ず利用して、大切なお墓が地震により倒壊するのを守っています。

 

墓誌の台座部分の状況

こちらは墓誌の台座です。
まずは2ヵ所に台座を設置して、ここに耐震ボンドを使って墓誌の板を取り付けます。墓誌が倒れないようにしっかりと固定します。

 

石塔はYKD、外柵はG688中目を使ったお墓の完成

石塔は黒御影石のYKD、外柵は白御影石のG688中目を使用したお墓の完成です。
完成と同時にお施主様は魂入れを行い、滞りなく終えられました。
落ち着きのある白御影石の外柵が、黒御影石を使った石塔を引き立たせています。

 

 

 

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。