本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2021.4.23

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う営業時間変更のお知らせ

本日のまごころ職人

東京都にある公営霊園での現地確認調査

 

 

お客様から現地確認調査のご依頼がございましたので当社の職人が現地確認調査を行いました。
通路幅も広く作業は問題なさそうです。

 

 

今回、お墓の建て替え工事のご依頼です。
職人が現状のお墓の採寸を行い解体費用の確認を致します。
当社では無料でお送りしているカタログをご覧いただいてお客様のご希望に沿ってお墓のデザインをお作り致します。
地震で傾いたりしないよう、基礎には鉄筋を十分に使用してさらに免震効果のある免震シートも施工しています。
まごころ価格ドットコムのお墓づくりは「完成しておしまい」ではありません。
末永く安心してお墓をお守りいただけるよう10年保証をお付けしています。
また、建立後の納骨のお手伝いや戒名の追加彫刻などアフターサービスも責任を持って対応いたします。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は近畿地方でのお墓じまいの様子をご紹介します。

 

縁石で囲まれた区画の中のお石塔のみ撤去いたします。

 

 

職人が手を合わせてから工事を開始いたします。

 

 

周囲のお墓に傷などが付かないよう毛布などで養生をして、細心の注意を払いながら工事を始めました。

ご遺骨を取り出してから解体作業を進めます。

 

 

石材を小割して、通路を傷つけないよう小さな運搬機で運び出します。

 

 

工事が完了しました。

今回は墓地管理墓地管理者の指示によりお石塔のみを撤去したしました。

縁石も含めて区画全体を更地にする、化粧砂利は取り除き新たな砂利を敷き直すなどお墓をお返しする際は様々な規定がございます。

管理者の方にお墓じまいのご相談をする機会がございましたら、返還規定を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

お墓じまい

本日のまごころ職人は愛知県にある共同墓地でのお墓じまいの工事をご紹介いたします。

 

 

工事着工前の状況です。今回は既存の巻石残しでご契約をいただきました。
まごころ職人が丁寧に解体工事を開始していきます。

 

 

当社のまごころ職人は周りのお墓に傷が付かないように十分に注意をして解体工事を行っております。クレーンが届かないので運搬機で石材を運んで作業をしていきます。

 

 

更地に戻して本日の解体工事が無事終わりました。工事完了後は使用した通路を清掃してから帰ります。
お墓じまいはお墓からご遺骨を取り出し墓石を解体して更地に戻しご遺骨を最適な墓所へ引っ越しする事です。お客様自身で行うには複雑な手続きやご遺骨の取り扱いなど労力と時間が掛かります。当社では日本全国47都道府県同一価格でご案内しておりますので安心してご連絡くださいませ。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

お墓じまいの工事

本日は関東地方の公営霊園でのお墓じまいをご紹介します。

 

お墓じまいのお手続き

ご遺骨を新たなお墓に移動するためには現在ご遺骨を納めているお墓がある市町村への改葬許可申請が必要となります。

こちらの公営霊園では納骨の記録を確認しながら手続きを行うため、管理事務所へ伺う必要があります。今回はお客様よりご依頼いただき、当社が手続きをお手伝いいたしました。

 

解体工事

職人が事前にお墓の大きさや運搬に使用する通路状況を確認したうえで工事に伺います。

周囲のお墓を傷つけないよう十分に配慮しながら解体作業を行い、整地をして工事が完了しました。

通路がきちんと整備されていたのでスムーズに作業を行うことが出来ました。

 

永代供養墓「まごころの碑」

お預かりしたご遺骨は茨城県土浦市の「まごころの碑」へお納めいたしました。

こちらの合葬墓で永代にわたり大切にご供養いたします。

 

お墓を承継される方がいないなどお困りの方には永代供養墓や海洋散骨など新たなご供養先をご紹介いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は埼玉県さいたま市にある共同墓地のお墓づくりをご紹介いたします。

 

先だって施工し完成した基礎の上に墓石建立工事を行います。

 

 

まずは外柵からモルタルと石材用ボンドで据え付けて行きます。

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。金具に緩みがない事を職人が手でも確認します。

 

順番に石材を積み上げていきます。石材が上下に重なる部分には、黒いゴム状の免震シートと耐震ボンドを挟んで地震対策を施します。小さなシートですが、地震の際には揺れを逃がし大切なお墓をお守りします。

 

石材同士の隙間に汚れなどが入り込まないように、マスキングテープで養生してからシーリング剤を充填します。

 

完成しました。デザインは当社オリジナルで人気のメモリアです。石塔と墓誌は重厚感があり深く濃いグリーンが特徴のインドSRです。外柵は人気の白御影石のG688中目を配しました。黒と白のバランスの良いお墓に仕上がりました。ハンドブックからお好みのデザインをお選びいただき、区画にあわせたデザインをご提案いたしますので、お気軽のご相談下さい。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。