本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.6.4

まごころ価格ドットコムの記事がyahooニュースで紹介されました。

本日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓づくりは、三重県伊勢市にある公営霊園にてお墓の基礎工事になります。


【基礎工事着工前】

 

 
【根彫り工の状況】
根彫りの深さは通路面(GL)より約30cmほど掘り下げます。重機が入らない墓地では、職人が手作業で掘って進めて行きます。

 

  
【転圧工の状況】
根掘りが終えましたら次に、プレートランマなどで地固めを行います。その後、敷地一杯に砕石を約10センチの厚さで敷き詰めます。砕石を敷き詰めましたらもう一度プレートランマーで地固めを行い地固めをい、基礎地盤としての支持力を図ります。

 

    
【カロートの位置決めと配筋工の状況】カロート(納骨室)となる部分の位置を算出いたしましたら、次に配筋を行います。配筋を行う理由ですが、コンクリートは圧縮強度に比べて、引っ張り強度が極めて小さく、ひび割れが入りやすいため20cm間隔で10ミリの異形鉄筋を使用します。但し、納骨室となる部分は土や砂で仕上げますので配筋をしないことが多いです。

 

 
【コンクリート打設状況】
コンクリートの高さ確認・水平調整を行いながら、コンクリートを打設いたします。その後、一定期間養生いたして数日後に型枠を外して完成となります。

 

 

 

本日は宮城県宮城郡利府町にある寺院墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

既存の外柵と納骨室を利用して石積工事を施工します。

 

石材が上下に重なる部位には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施します。

 

玉砂利を敷き詰めて完成しました。元あるものを活かした”リノベーション”的なお墓つくりも当社では可能です!

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

1 / 11