本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2021.1.12

新型コロナウイルス感染拡大予防の安全対策について

本日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓づくりは、三重県伊勢市の公営霊園にての施工です。

 

  

【L字金具取付状況】
先日行った基礎コンクリート部分の養生を終えましたので、いよいよ石積み工事を行います。まずは囲い(外柵・巻石)部分から石材を据えていくのですが、石と石との繋ぎ目がずれないように、囲い(外柵・巻石)の四隅をL字金具で補強いたします。使用する金具は錆に強いステンレス製になります。

 

 

【納骨室の状況】
写真左側の真ん中部分が納骨室になります。白御影石を設置している部分にお骨壺を安置いたします。手前の土の部分は年忌法要を終え、弔い上げ(ご供養を終えた)となったご遺骨を土に還す部分になります。

 

【免振工法】
石と石との間に敷いてある黒いシート状の物が地震対策の免振工法になります。【まごころ価格ドットコム】では地震の揺れによる墓石の倒壊を防ぐため、全てのお墓に墓石用特殊ゴムマットを標準でお付けします。

 

【シーリング状況】
石と石との間に、雨水が入り込まないよう墓石用のシーリングを行います。

 

 

【お墓の完成】
今回お選びいただいた石はグリーン系の御影石とグレー系の御影石の二種類を組み合わせております。お石塔の彫刻は勿論、見栄えいたしますが、参道(お参りスペース)部分にもお花の彫刻がされており、上品で綺麗に見えます。朝から施工を行い、完成したころには日が暮れ始めており、彫刻部分が見えにくいですが本当に見栄えするバランスの取れた洋型墓石に仕上がりました。

 

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。