本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.5.26

マネーの達人でまごころ価格ドットコムが紹介されました。

本日のまごころ職人

本日は宮城県仙台市にある寺院墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

【工事着工前の状況】
今回のお墓づくりは、既存の外柵(囲い)に新たにお石塔を載せる工事になります。

 

 

【お石塔を設置状況】
既存の石材を取り除きましたら、新たなお石塔となる土台石(下台)からを設置していきます。こにらの土台石(下台)がお墓の左右や前後の取り合い等の基準となりますので、斜めになっていないか、前後の傾きがないか、バランスを見ながら設置していきます。土台石(下台)の天端に乗っている黒いシートは墓石用免振シートになります。グレー色の丸いのは墓石用免振ボンドになります。地震対策といたしまして私共まごころ価格ドットコムでは、すべてのお墓に標準で免振シートを取り付けております。

 

 

【塔婆立て用の台座の設置状況】
既存の囲い(外柵)と、土台石(下台)との間を計算しながら台座を設置していきます。

 

 

【ステンレス塔婆立て取り付け後の状況】
お塔婆立てを設置後、お墓を横から写真です。寸法どおりピッタリ設置されています。

 

 

 

【お墓の完成状況】
完成後に正面から見た写真です。既存の囲い(外柵)を活用し、見事にバランスの取れたお墓に仕上がりました。彫刻の全体部分をお見せできないのが残念ですが、彫刻文字と桜の花びらが美しく見えます。また、お石塔周りの化粧砂利も綺麗に見えますね。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は宮崎県仙台市青葉区にある葛岡墓園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

基礎工事から数日が経過し、コンクリートが充分に乾いたことを確認して石積み工事を始めます。

丸い水抜き穴を設けて基礎に水が溜まらないようにしています。

中央の四角い穴は納骨室になります。土の上に砕石を敷いて水が自然に地中へ浸透されるようにしています。

 

 

モルタルで高さを調節しながら石材を据え付けていきます。

水平器をこまめにあてて傾きが出ないよう慎重に作業していきます。

 

 

納骨室に新しい砂を敷き均し、お骨壺を安定してお納めできるよう板石を設置します。

お墓が完成すると見えなくなってしまう部分ですがこだわりを持ってお作りしています。

青いテープはシーリンク剤を充填するための養生です。目立たない部分ですがきめ細かい作業が求められる部分です。

 

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

 

 

石材が上下に重なる部分には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施します。

 

 

お墓が完成しました。

外柵に白い石を使用して段差を設けることで広がりのある印象になりました。

背面にはステンレス製のシンプルな塔婆立てを設置しました。

フラットなデザインの門柱は物置台やベンチの代わりにもなるので、お参りの際に役立ちます。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

 

 

 

 

 

1 / 11