本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.5.26

マネーの達人でまごころ価格ドットコムが紹介されました。

本日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓作りは千葉県松戸市の公営霊園にて石積み工事です。


【基礎工事完成状況】

石積み工事着工前です。コンクリート基礎部分が完全に乾き、養生期間が終えましたら、石材を積み上げていきます。石は重いので、専用の機械で持ち上げて据え付けて行きます。

 

 


【L字金具の取り付け状況】

石材がズレないように外柵(囲い)の四隅には錆に強いステンレス製のL字金具で補強を行うのと同時に、墓石用耐震ボンドとセラミックボンドで更に補強いたします。

 

 

【納骨室の状況】

納骨室を上から見た状況です。手前の白色の砂を敷き詰めている部分は、ご遺骨を土に還す部分になります。奥側の白御影石を敷いている部分はお骨壺を安置いたします。

 

 

  
【地震対策】

地震対策といたしまして、お石塔には墓石用特殊ゴムマットを取り付けいたします。石と石の間に特殊ゴムマットを取り付けることにより、地震による揺れの力を軽減いたします。まごころ価格ドットコムでは、全てのお墓に墓石用特殊ゴムマットを取り付けております。

 

 


【洋型墓石の完成です】

様々な技法を用いて洋型墓石が完成いたしました。こちらのお墓の特徴は、お手入れ(お掃除)がしやすいように全面を石張り仕上げでおつくりしております。石の使用量も多く豪勢なつくりになっております。お石塔の左側には故人(ご先祖様)のご戒名を彫刻する墓誌を設置しております。御影石の色合いが落ち着いた雰囲気に見え、更に開放感のあるお墓に仕上がりました。

 

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は千葉県松戸市田中新田にある八柱霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

基礎工事から数日が経過し、いよいよ石積み工事が始まりました。

土台となる石材から順番に据え付けていきます。

 

 

納骨室となる部分の作業状況です。

四隅にはステンンレスの丸棒と耐震ボンドを併用し、石同士がズレないようにしっかりと固定します。

 

 

納骨室にはお骨壺を安定して納められるように板石を設置いたしました。

ご遺骨を土に還すことが出来るよう、手前には土のスペースを残しております。雨水などが事前と地中に吸収されるよう、水捌けについても配慮しております。

 

 

クレーンで吊りながら石材を慎重に積み上げていきます。

周囲のお墓が近い現場では特に神経を使う作業です。

 

 

石材が上下に重なる部分には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施します。

揺れを軽減する免震シートのおかげで背の高い和形の石塔でも安心して建てることが出来るようになりました。

 

 

青いテープはシーリング処理をするためのマスキングテープです。

石材同士の隙間に汚れなどが入り込まないようにシーリング剤を充填します。

 

 

墓誌を設置して伝統的な和形のお墓が完成しました。

背の低い洋型や個性的なデザインをお選びするお客様も増えておりますが、和形のお墓も根強い人気があります。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

本日は千葉県松戸市にある公営霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。


【石積み工事着工開始状況】
先日行った基礎工事が完了しましたので、石積工事を着工いたします。石材が傾いていないか、水平器で確認をしながら石材を組み上げていきます。

 


【L字金具取り付け状況】
お墓の土台となる外柵(囲い)がずれないように、四隅をL字金具で固定いたします。使用するL字金具は錆に強いステンレス製になります。

 

 


【地震対策状況】
まごころ価格ドットコムでは、地震によるお墓の倒壊を防ぐため、全てのお墓に墓石用免震シートを標準でお付けします。更に耐震ボンドでも接着・補強いたします。

 


【コーキング状況】
石と石との間に雨水が入り込まないようマスキングテープで養生しながら墓石用のコーキングを行います。

 


【納骨室の状況】
ご遺骨を埋蔵する納骨室です。奥の白御影石を敷いている部分にお骨壺を安置いたします。手前の砂を敷いている部分は、回忌法要を終えた仏様のご遺骨を土に還すところになります。

 


【完成状況】
外柵(囲い・巻石)とお石塔に黒系中間色の御影石を使用することにより、重厚感のあるお墓に仕上がりました。また、お墓の左右を石張り相上げにすることにより、草むしり等が不要で、お手入れ・お掃除がしやすいお墓になっているのが特徴です。左右の親柱(門柱)を斜めにカットすることにより、入り口部分が広く見えるデザインです。こちらのお墓は天気がよければ太陽光を反射し、綺麗で見栄えするお墓に仕上がりました。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、千葉県松戸市の公営霊園にてお墓の基礎工事を行います。

 
【根彫り工の状況です】

いよいよ工事着工開始です。基礎工事を行うには、根彫り工から始めます。根彫りの深さはグランドライン(通路面)から約30cmほど掘り下げます。通路状況が良い墓地の場合は、重機を使用することも可能ですが、道幅が狭い場合などは職人が手作業で根彫りをすることもございます。

 

 
【砕石入れ・転圧工の状況です】

根彫工を行ったあとに砕石を敷き詰めたら(ランマー)などで充分に転圧し、基礎地盤としての支持力を図ります。どんなに基礎コンクリートを厚く打っても、地固めとなる転圧を十分に行わないと、後々お墓が傾く原因になったりもします。

 

  
【配筋工の状況です】

コンクリートは圧縮強度に比べて引っ張り強度が極めて小さく、ひび割れが入りやすいので約20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。鉄筋の下に置いてある四角く白いのは鉄筋が地中に接触しないようにする役割と、生コンクリートが鉄筋の下に潜り込み、鉄筋を包み込みやすくするためです。(鉄筋の錆防止と鉄筋とコンクリートの相乗効果を上げるためです)

 

  
【生コンクリート打設・仕上げ状況】

型枠の中に生コンクリートを打設していきます。施工途中でコンクリートの中に入り込んでいる空気を抜くため、流し込んだコンクリートにバイブレータで振動与えます。コンクリートの高さ調整、水平調整を行いながら基礎コンクリートの天端を仕上げていきます。あとは一定期間養生いたしまして、型枠を外して完成です。

 

 

 

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

1 / 11