本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2018.10.8

大きな地震や余震があった時は絶対にお墓に触れないようにしてください。

本日のまごころ職人

本日は東京都府中市にある多磨霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

こちらの基礎の上に石積工事を行います。

 

まずは外柵からモルタルと石材用ボンドで据え付けていきます。

 

石材の隅々にはL字金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用します。

 

完成しました。黒色系の中に青い結晶のあるインパラブルーと足元は貝殻の化石の結晶が美しいブルーパールです。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は東京都府中市にある多磨霊園でまごころ職人が施工したお墓(基礎工事)づくりをご紹介します。

 

根掘工。通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

転圧工。根掘工の上から砕石を敷き詰めてランマー等でしっかりと踏み固めます。

 

配筋工。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

 

コンクリートを流し込み、表面をならします。雨などが入らないようシートで覆い、一定期間養生し乾燥させます。コンクリートが固まり木枠を外すと基礎工事完了です。

 

 

本日は東京都府中市にある多磨霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材を据え付けていきます。

 

石材の隅々にはステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の隙間を塞ぐ為マスキングテープで養生してからシーリングを行います。

 

特注の親子地蔵を据え付けて完成しました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻等は画像処理で消しています。

 

 

本日は東京都府中市にある多磨霊園でまごころ職人が施工した基礎工事をご紹介します。

 

こちらにお墓の土台となる基礎工事を施工します。

 

約30cmほど根掘りします。

 

石を敷き詰める砕石を行い、その後地面を叩き締める転圧作業を行います。

 

コンクリートのひび割れを防ぎ、強度を高める為に格子状に配筋します。左の写真の上部の四角い枠の部分がカロート(納骨室)となります。丸い筒状のものは雨水などが溜まらないように水抜きのためにつくられています。

 

コンクリートを流し込み表面をならします。一定期間養生し、コンクリートが固まり枠を外すと基礎工事完了となります。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は東京都府中市にある多磨霊園でまごころ職人が施工したお墓つくりを紹介します。

 

基礎に外柵となる石材を据え付ける状況

お墓の外柵を据え付ける状況です。
水と砂とセメントを練り込んだモルタルを敷いて、その上に石材を据え付けます。モルタルの上に乗せるので石材の設置が斜めにならないように、水平器で水平を確かめながら据え付けます。水平にするためには石材をハンマーで叩いて調整します。

 

ステンレス製の金具で石材をしっかり固定

耐震ボンドを使って石材を設置してから、さらに金具でしっかり固定し補強しています。
このように地震によって石材がズレないように地震に対応した施工を行っています。

 

納骨室の状況

こちらは納骨室の状況です。
石材の隅々はステンレス金具で固定しています。お骨はお骨壺で納骨するため、納骨室には板石を設置し、そこへお骨壺を納めます。お骨壺で納骨しますが、将来お骨は土に還すことになるので、納骨室は全面に板石を設置するのではなく、一部は土のままで仕上げています。
将来はそこへお骨をまき、土に還すことになります。

 

地震に耐えるように耐震免震施工で据付

続いて石塔を積み上げていきます。
積み上げる石材の間には黒い免震シートと耐震ボンドを利用しています。
免震シートは地震の揺れを逃す効果があり、震度7の揺れにも耐えることができると証明された優れた道具です。地震対策をしっかり行い、地震から大切なお墓をお守りしています。

 

石塔をインドマホガニー、外柵をG688中目で作った洋型のお墓

石塔をインドマホガニー、外柵をG688中目で作った洋型のお墓(写真真ん中)が完成しました。
草木や花など自然豊かな多磨霊園は、季節ごとにさまざまな景色を眺めながらゆっくりお墓参りすることができます。
自然豊かな景色に包まれて、心が安らぎ故人の想い出話しに花が咲くことでしょう。

 

1 / 212