本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日は千葉県印西市平岡にある印西霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

芝生墓地の区画のため納骨室にはコンクリートの蓋がしてあります。

 

 

土台部分へ石材を留めるための免震ボンドを着けています。

石材同士が重なる部分にも同じように免震ボンドを挟みます。背の低い石塔でも地震の揺れへの備え万全です。

 

 

マスキングテープで養生をしてからシーリング剤を充填し、石材同士の隙間に汚れなどが入り込むのを防ぎます。

 

 

小さなヘラで表面をならしていきます。

気泡などが入らないよう細心の注意が必要です。

 

 

全ての部材を据え付けて、最後は丁寧に拭いて仕上げます。

お墓参りをされる際も柔らかい布で墓石を磨いていただくことをお勧めします。

 

 

数種類の石見本をお取り寄せいただいた中からお選びいただいたのは高級感のある黒色が特徴のYDKでした。
落ち着いた雰囲気の墓石にお花の彫刻を施して華やかさが加わりました。

石の色は光によって様々な表情に変わります。
曇りの日には同じような黒色に見えてもお日様に照らされると緑色や青色に見える石もございます。

実際のお墓に使用する石でお作りした石見本をご用意しております。いくつかお取り寄せ頂き、様々な光のもとでご覧になってみては如何でしょうか。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

 

本日は愛知県名古屋市にある八事霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

免震ボンドで石材を据付

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材を据え付けていきます。人力で持ち上がらない石材はクレーンを使用して据え付けます。

 

石材をL寺金具で留めました 石材の隅をL字金具で留めました

石材の隅々にはL字金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の据付 石材の間には免震シートを挟みます

地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用します。

 

石材の隙間にシーリング剤を充填します

石材の隙間を塞ぐためシーリングを行います。

 

AG98のお墓が完成しました

石種にはAG98を使用しています。キズやスジが入りにくく色むらが少ない事が大きな魅力です。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は京都府京都市にある地蔵山墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

 工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。

工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。

 

まずは外柵から。石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。  まずは外柵から。石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

まずは外柵から。石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守り致します。 石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守り致します。

石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守り致します。

 

 石材の隙間を塞ぐ為マスキングテープで養生してからシーリングを行います。

石材の隙間を塞ぐ為マスキングテープで養生してからシーリングを行います。

 

人気の和型のお墓が完成しました。石種はM10を使用しています。一見黒御影石に見えますが、実は黒色と白色、薄緑色の模様が入った濃いめのグレー色です。"" さらしを巻いて完成です。

伝統的な和型のお墓が完成しました。石種はM10を使用しています。一見黒御影石に見えますが、実は黒色と白色、薄緑色の模様が入った濃いめのグレー色で人気の石種です。。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

本日は群馬県高崎市にある八幡霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

L字金具。石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用します。

L字金具。石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用します。

 

地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用します。地震から大切なお墓をお守り致します。 地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用します。地震から大切なお墓をお守り致します。

地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用します。地震から大切なお墓をお守り致します。

 

一見シンプルな洋型に見えますが様々な工夫を秘めています。丸みのあるスリンが上品なデザイン。ベンチスタイルの門柱で彫刻を広く彫り込む事のできるデザインとなっています。

一見シンプルな洋型に見えますが様々な工夫を秘めています。丸みのあるスリンが上品なデザイン。ベンチスタイルの門柱で彫刻を広く彫り込む事のできるデザインとなっています。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は愛知県名古屋市にある八事霊園でまごころ職人が施工したお墓(基礎工事)づくりをご紹介します。

 

工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

 

まずは根掘工から行います。通路面から約30センチ掘り下げます。

 

次に根掘工の上から砕石を敷き詰めてランマーなどで転圧していきます。

 

しっかりと基礎を固めてから配筋を行います。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

 

最後に型枠にコンクリートを流し込みます。一定の養生期間をおいて型枠を外して基礎工事の完成です。

 

 

1 / 812345...最後 »