本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓作りは神奈川県横浜市のの公営霊園にて基礎工事です。

基礎工事着工前。

 

 

根彫り工
地面を通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

転圧工
砕石を敷いたら、ランマなどで転圧を掛けて地面を押し固めます。

 

 

配筋工。
コンクリートだけだと引っ張り強度に弱いため、10ミリの鉄筋を20㎝間隔で配筋いたします。

 

生コンクリート打設工
生コンクリートを型枠の中に流し込み、高さ調整を行います。あとは数日養生し、コンクリートが乾いたら枠を外して完了です。

 

本日は石川県金沢市にある金沢市営内川墓地のお墓づくりをご紹介いたします。

 

石積工事着工前の状況です。
一定の養生期間をおいて基礎が完成したあと石積工事を開始いたします。

 

石材据え付け状況です。
まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定いたします。

 

ステンレス金具取付状況です。
石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材据え付け状況②です。
このように人力で持ち上がらない石材はクレーンを使用して慎重に据え付けしていきます。

 

免震シート取付状況です。
大切なお墓をお守りする為、石材の重なる部分には免震シートを使用して地震での倒壊を防ぎます。

 

シーリング加工状況です。
石材同士の隙間を塞ぐ為、マスキングテープで養生した後シーリング加工を施します。

 

お墓の完成状況です。
本日もまごころ職人が丁寧に施工したお墓が無事完成致しました。
関東の伝統的な石塔のかたちにモダンテイストの外柵を採り入れた温故知新の良さが最大の特徴です。
地震による倒壊を防ぐ為に、基礎工事から金具、接着剤や目地材まで色々な工夫を凝らしました。
※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は神奈川県横浜市にある久保山墓地にて、まごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

こちらの基礎の上に石積工事を施工していきます。

 

まずは外柵からモルタルと石材用ボンドで据え付けていきます。

 

外柵の石同士の繋ぎ目には地震の揺れに備えてサビにくいステンレス製のL型金具を使用して頑丈に固定します。

 

石塔の石と石の間には、建設業界でも長く使用してきた免震用のブチルゴムを挟んで大切なお墓を地震の揺れから守ります。

 

完成しました。石塔と墓誌は深く濃いグリーンが特徴のインドSRを使用、外柵は白系の石で人気のアーバングレーを使用してバランスの良いデザインとなりました。石の組み合わせもお客様の好みに合わせて自由自在となっております。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は神奈川県藤沢市にある公営霊園にて、まごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

【工事着工前状況】

先日行った基礎工事が完了しましたので、石積工事を着工いたします。重い石を吊り上げる際ですが、ミニクレーン(カニクレーン)で吊り上げるのが一般的ですが、エンジン付きの重機を使用してはならない霊園では、写真のように三脚を組み、チェーンブロックで重い石材を吊り上げます。

 

【石材の組み上げ状況】

お墓の土台となる外柵(囲い)から石積み工事を行います。組み上げた石材がずれないように、四隅をL字金具で固定します。使用するL字金具は錆に強いステンレス製になります。

 

 

【納骨室の状況】

納骨室の下場に敷いてある白御影石の上にお骨壺を安置いたします。土の部分の中央に見えてるのは水抜き用の排水口になります。霊園施設で排水溝を儲けている場合に取り付け可能となります。

 

【地震対策】

まごころ価格ドットコムでは、地震によるお墓の倒壊を防ぐため、全てのお墓に墓石用特殊免震シートを標準でお付けします。

 

【シーリング工】

石と石との間に雨水が入り込まないようマスキングテープで養生しながら墓石用のコーキングを行います。

 

【お墓の完成】

黒味があるグレー系御影石を使用することにより、重厚感ある豪華なお墓に仕上がりました。なお、御影石は種類にもよりますが、見る角度や太陽の光(逆光)により、色合いが強く見えたり柔和に見えたりもします。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は神奈川県横浜市にある久保山墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

先日施工を行った基礎工事が完成いたしました。いよいよ石積み工事の着工開始です。

 

コンクリート基礎部分の養生期間を終えましたら、今度は石材を積み上げていきます。基礎部分と石材との間にモルタルを敷、お墓が斜めにならないよう水平器で確認しながら据え付けていきます。

 

土台部分の石材を据え付けいたしましたら、今度は立体的に組み上げていきます。柱となる部分は石がずれないようステンレスのダボピンで固定いたします。

 

4つの柱が立ち上がり、立体的になってきました。赤色の養生シートを敷いている理由ですが、ここは納骨室になる部分ですので、工事の際に靴であがらないようにしております。細かいことですが職人の気遣いになります。

 

 

石材で四方を囲うとより納骨室の形が整ってまいりました。土台となる石材がずれないように、四隅にはステンレス製のL字金具を取り付けております。納骨室の中にお骨壺を安置する石材を設置いたしましたら、納骨室の出来上がりです。

 

地震対策といたしまして、お石塔には墓石用特殊ゴムマットを入れます。石と石の間に特殊ゴムマットを入れることにより、地震による揺れの力を軽減させる免震工法になります。まごころ価格ドットコムでは、全てのお墓に標準装備で取り付けを行っております。また、グレー色に見えているのは、弾力性の墓石用耐震ボンドになります。

 

お墓の完成です。
柔和に見える中間色系御影石と、お参り(参道)部分の一部に玉砂利を敷くことにより、開放感のあるお墓に仕上がりました。

 

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

 

 

1 / 1312345...最後 »