本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日は東京都豊島区南池袋にある雑司ケ谷霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

今まであったお墓を撤去して新しいお墓をお作りいたします。

埋葬されていたお骨は工事の間は職人が大切にお預かりしました。

 

まずは基礎工事です。

墓石を撤去してお骨上げをした後に基礎工事を行いました。

区画に合わせて掘り下げ、砕石を敷いて鉄筋を配筋しました。

 

コンクリートを流して充分に固まるのを待ちます。

左右にある丸い穴は水抜き穴です。

 

土台となる石材を据えつけました。隅々はサビに強いステンレス金具を取り付けしっかりと固定します。

 

竿石を据えつけました。

石材同士が重なる部分には揺れを逃がす免震シートを使用し、地震対策を施しています。石材同士の隙間にはシーリング剤を充填して、汚れ那古が入り込むのを防ぎます。

 

五色玉砂利を敷いてお墓が完成しました。

愛着のあるお墓のデザインを受け継いだデザインなので、新しい中にも懐かしさを感じられるのではないでしょうか。

 

雑司ヶ谷霊園は池袋駅の近くにあり、都会の中のオアシスのような霊園です。

霊園内には様々な植物が育てられていますので、お墓参りのついでに立ち寄るのも楽しみになりそうです。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

本日のまごころ職人のお墓作りは東京都八王子市の公営霊園にて基礎工事です。

【工事着工前の状況です】

これから基礎工事着工開始です。

 

【根彫り工の状況です】

地通路面から約30センチほど掘り下げていきます。
中央付近の残してある部分は納骨室にあたる部分です。

 

【転圧工の状況です】

根彫り工が終えましたら、今度はランマという重機で転圧(地固め)を行います。その後、約10センチくらいの厚さで砕石を敷き詰め、もう一度転圧を行います。
こちらの工程は地味に見えますが重要な工程になります。

【型枠取り付け・配筋工の状況です】

転圧工が終えましたら、今度は型枠を組んでいきます。こちらの型枠はコンクリートが外に流れ出ないようにするためです。また、コンクリートだけだですと、引っ張り強度に弱いため、10ミリの異形鉄筋を20㎝間隔で配筋いたします。鉄筋の下に置いている白く四角い物はスペーサーとよばれている物です。鉄筋を浮かせることによりコンクリートが鉄筋の下に潜り込みやすくするためです。

 

【生コン打設工の状況です】

生コン打設完了です。
4つある丸い円柱状のところですが、この部分は水抜きの役目をする部分になります。
この後、充分に養生し、コンクリートが固まったら型枠を外して完成です。
型枠を取り除いて、石積み工事となります。

 

本日は愛知県春日井市にある寺院墓地にて、まごころ職人が施工した基礎工事をご紹介をいたします。

【根彫り工開始の状況です】

根彫りの深さは約30cmほど掘り下げます。
重機が入らない墓地では、職人が手で掘って進めて行きます。

 

【根彫り工後の状況です】

この段階で1回、転圧(地固め)を行います。

 

【砕石入れの状況です】

1回目の転圧工が終えましたら、敷地内に砕石を敷き詰めます。
砕石を敷き詰めましたら、次に2回目の転圧を行います。

 

【砕石を転圧した後の状況です】

転圧の工程は基礎工事の中でも特に重要視される工程となります。

 

【配筋工の状況です】

コンクリートは圧縮強度に比べ、引っ張り強度が極めて小さく、
ひび割れが入りやすいので15cm~20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。

 

【コンクリ-トの打設(流し込み)状況です】

配筋いたしましたら、次にコンクリートを流し込みます。
コンクリートを流し込む際は、鉄筋の下にコンクリートが潜り込むように打設いたします。

【基礎工事完了後の状況です】

高さ・水平調整を行いながら、コンクリートを打設いたしました。
この後、一定期間養生いたします。
数日後、型枠を外していよいよ石積み工事となります。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、大阪府岸和田市の岸和田市墓苑(流木墓苑)での基礎工事です。

 

こちらの区画にお墓の土台となる基礎工事を施工します。

 

いよいよ工事着工開始です。基礎工事を行うには、根彫り工から始めます。
根彫りの深さはグランドライン(通路面)から約30cmほど掘り下げます。その後地面を叩き引き締めます。

 

根堀の後、石を隙間なく詰めて再度地面を叩き締めます。この転圧と言われる地面を叩き締める作業で基礎地盤としての支持力を図ります。どんなに基礎コンクリとを厚く打っても、転圧を十分に行わないと後々お墓が傾く原因になったりしますので、どの工程も重要なことに変わりありませんが、この工程もかなり重要な作業です。

 

コンクリートは圧縮強度に比べて引っ張り強度が極めて小さく、ひび割れが入りやすいので15cm~20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。中央の四角い枠が納骨室です。

 

生コンクリートを流し込み、表面を平らにならし、仕上げます。このあと、コンクリートが乾くまで、雨などに濡れないように注意し一定期間養生いたします。コンクリートが乾いて固まったのを確認して、木枠を外すとお墓の土台となる基礎が完了となります。

 

 

本日は鹿児島県鹿児島市にある唐湊霊園でまごころ職人が施工したお墓(基礎工事)づくりをご紹介します。

 

こちらの区画にお墓の基礎工事を施工します。

 

元の基礎を解体し、新しい土台をお作りします。

 

まずは根掘工から。通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

次に転圧工を行います。根掘工の後に割栗石・砕石順で隙間なく敷き詰めてしっかりとランマーで叩き締めて地面を固めます。

 

型枠を組み約20センチ間隔で鉄筋を組んでコンクリートのひび割れを防ぎます。

 

 

バイブレーターを使用して振動を加えながら区画の隅々までコンクリートを流し込みます。一定の養生期間をおいて基礎が固まったら基礎工事の完成です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

1 / 1912345...最後 »