本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2018.10.8

大きな地震や余震があった時は絶対にお墓に触れないようにしてください。

本日のまごころ職人

本日は新潟県東蒲原郡にある中ノ沢共同墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材を据え付けていきます。

 

石材の隅々にはステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守り致します。

 

ご一族様のお墓が並ぶ見晴らしの良い場所に立派なお墓が完成しました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は茨群馬県吾妻郡嬬恋村にある浅間霊園でまごころ職人が施工したお墓(基礎工事)づくりをご紹介します。

 

根堀工。地面を30センチ程掘り下げます。

 

転圧工。砕石を敷き詰めて地面を叩き締める転圧作業を行います。

 

配筋工。格子状に鉄筋を組んでいきます。この上からコンクリーを流し込みます。

 

打設工。コンクリートを流し込みます。養生期間をおいて型枠を外して基礎工事の完了です。

 

 

本日は滋賀県彦根市にある円常寺でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

こちらの基礎の上に石積工事を施工します。

 

まずは外柵をモルタルと石材用ボンドで据え付けていきます。

 

地震対策。石材の重なる部分には免震シートを使用して大切なお墓をお守りします。

 

石材同士を接着した面は、その隙間に汚れなどが入り込まないようにマスキングテープで養生してからシーリング加工します。

 

完成しました。お客様こだわりのデザインと感謝の言葉、そして家族の強い絆が表現されたお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は北海道茅部郡鹿部町にある宝光寺でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

まずは外柵をモルタルと石材用ボンドで据え付けていきます。

 

サビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の重なる部分には免震シートを使用して大切なお墓をお守りします。

 

完成しました。デザインはお客様こだわりのオリジナルデザインです。石は外柵・石塔共にグレー御影石の代表格のG654を使用しました。荘厳で風格のあるお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は北海道札幌市にある里塚霊園でまごころ職人が施工したお墓つくりをご紹介します。

外柵はそのまま使用するお墓の建て替え工事

解体工事前の既存のお墓自然に囲まれた広大な敷地の里塚霊園は札幌市でも有数の公営霊園です。
駐車場や管理棟、法要施設などがあり設備が充実しています。
ここに代々受け継がれてきたお施主様のお墓があり、外柵部分と植木はそのまま残して今ある和型のお墓を洋型のお墓に建て替えをご希望されていました。
周囲の迷惑にならないように気を配りながら施工を行っていきます。

お墓の解体工事と基礎工事

クレーンで竿石を持ち上げて取り外す状況 外柵を解体している状況 既存のお墓を解体撤去した状況
まずは解体するお墓の竿石から取り外します。

クレーン車が入ることができる通路状況だったので、墓地付近まで入ってからクレーンで竿石を持ち上げて取り外していきます。重い石を持ち上げるので操作するのも慎重に行います。

積み上げている石材をすべて取り外したら、基礎部分をハンマードリルを使って解体していきます。細かく砕いて解体していくので時間と労力のかかる作業です。
基礎部分をすべて解体撤去したら、新しくつくるお墓の基礎部分の工事に取り掛かります。

納骨室になる部分の石材を設置して納骨室内は土のままで仕上げています。

地震対策を施したお墓の石積み工事

基礎部分に納骨室を設置 免震シートをつかって地震対策は万全 石材の隙間をコーキングする様子
まごころ価格ドットコムでは地震から大切なお墓を守るために地震対策に力を入れています。
阪神淡路大震災、東日本大震災など日本は地震が多く、地震によりお墓が倒れてしまったという例は少なくありません。
末永く守り続けていくお墓が地震によって倒れるのを防ぐために耐震免震施工を採用しているのです。

免震効果のある免震シート(エアーグリップ)を挟んで石材を積み上げていきます。
この免震シート(エアーグリップ)は震度7の地震の揺れにも耐えることができると実験(飛鳥建設 防災R&Dセンター 技術研究所 構造実験棟で検証)で証明されている優れた道具です。
この結果から地震対策として必ずこのシートを利用して施工しています。

そして耐震ボンドも同時に使用し、より充実した地震対策を行っています。

和型から洋型デザインのお墓の完成

洋型のお墓の完成これまでの外柵をそのまま生かして、墓石を白御影石(G688中目)でつくられ洋型のお墓が完成しました。
曲線のある優しい印象の竿石には「ありがとう」の文字とお花の彫刻が施されています。
癒しと温もりが感じられ、この彫刻を選ばれたお施主様のお墓に対する想いが伝わってきます。
植木が生き生きと色づいてくる季節になるのが楽しみですね。
1 / 3123