本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日は千葉県佐倉市六崎にある共同墓地のお墓(基礎工事)づくりをご紹介いたします。

 

 

基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。まずは根掘工から行います。通路面から約30センチ程掘り下げていきます。

 

 

次に転圧工を行います。割栗石を敷き詰めてランマー等でしっかりと踏み固めます。その後に目詰め砕石を敷き詰めてもう一度ランマー等でしっかりと転圧します。

 

次に配筋工を行います。約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。配筋後はピンコロ石のスペーサを使用します。鉄筋を浮かせて設置する事で地中からのサビを防ぎます。

 

 

最後にコンクリート打設工を行います。このようにバイブレーターを使用して適度な振動を与えて内部の気泡を除去します。コンクリートの密度を高め骨材が均等に分散した強い基礎に仕上げます。その後、コテで表面をきれいに整えます。

 

 

一定の養生期間をおいて型枠を外して基礎工事の完成です。地震でお墓が傾く事のないように地面を掘り下げ、十分な数の鉄筋を配置しています。コンクリートの強度を含め住宅と同じような耐震基礎を作っています。

 

 

本日は、東京都あきる野市にある福寿庵共同墓地の基礎工事を紹介します。

 

今回は、ご先祖様から代々受け継いできた和型の石塔2基を解体して新しく洋型のお墓に建て替えを行います。

埋葬して有るお骨壺は、お墓が完成するまで大切に保管して完成と同時に納骨を済ませます。

 

旧石塔を解体してお骨上げした後に30センチの根堀(掘削)を行います。

共同墓地で通路が狭いこともあり今回は、人力作業による手掘りになりました。

 

根堀した後に直径40ミリ以内の再生砕石を約10センチ敷き詰めてランマーで転圧を行い支持地盤の強度をはかります。

 

十分に転圧した後は、建立するお墓の土台の大きさに合わせて化粧型枠を設置します。

 

コンクリートは、圧縮強度に比べて、引っ張り強度が極めて小さい為、ひび割れが入りやすい性質が有ります。

それを防ぐ為に20センチ間隔で鉄筋を配筋してバンセンで強固に固定。また、土の錆を拾わないようにサイコロ状のスペーサーで鉄筋を浮かします。

 

打設するコンクリートの呼強度は、18N/㎜2以上を基準とします。

 

コンクリート打設後は、一定期間の養生を経て強度が十分に出ている事を確認した後に、型枠を外して基礎工事の完了です。

型枠を外した後は、いよいよ石積工事に入っていきます。

 

本日は滋賀県野洲市辻町にある共同墓地のお墓づくりをご紹介いたします。

 

 

基礎工事が終わり一定の養生期間を置きまして、まごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。
通路幅が狭い為、四輪運搬車を使用して慎重に石材を運んでいきます。
まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して水平を取りながら石材を設置していきます。

 

次にサビに強いステンレス金具を設置していきます。石材の隅々に設置して石材同士しっかりと固定していきます。

 

地震対策の一つとして免震シートを使用しています。このように石材の重なる部分に設置して大切なお墓をお守り致します。

 

石材同士の隙間を塞ぐ為、シーリング加工を行います。

 

 

まごころ職人が丁寧に施工した洋型のお墓が無事完成致しました。石塔部分は人気のピンク御影石G488を使用しています。桜御影石とも呼ばれる優しいピンクを帯びた石です。完成した洋型墓石にとてもマッチしています。当社では地震による崩壊を防ぐ為に、基礎工事から金具類、接着剤や目地材まで色々な工夫を凝らしています。
お墓の完成後は使用した通路、その周りを清掃してから帰ります。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は山形県天童市にある共同墓地のお墓づくりをご紹介いたします。

 

【石積工事着工前】

基礎工事が終わり一定の養生期間をおいて石積工事を開始いたします。

 

 

【ステンレス金具取付】

まずは石材用ボンドとモルタルを使用して外柵部分を据え付けます。
石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

 

 

【免震シート取付】

大切なお墓をお守りする為、石材の重なる部分には免震シートを使用して地震の揺れを軽減します。

 

 

 

【シーリング加工】

このように石材の隙間を塞ぐ為、マスキングテープで養生してからシーリング加工を行います。

 

 

【お墓完成】

本日もまごころ職人が施工したお墓が無事完成しました。
御施主様の希望でコンクリートでカサ上げを行い、すべり止め加工を施しました。雨の日でも安心してお墓参りができます。
石塔部分には人気の石種YKDを使用しています。キメが細かく磨けば最上級の艶をまとう執行久野インド産御影石。採掘量・品質共に安定していることも魅力の一つです。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は京都府京田辺市田辺にある共同墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

ブロック塀と巻き石が既に設置してある状況からお墓づくりが始まりました。

 

 

巻き石の中を掘り下げて砕石を敷きました。中央の四角い部分が納骨室になります。

砕石を敷いたら地盤を叩き締め固めていきます。

 

 

格子状に鉄筋を組みコンクリートを流し込むと基礎工事の完了です。コンクリートが充分に固まる

まで待ちます。

 

 

石積工事が始まりました。

納骨室の枠となる石を据え付けて、砂を敷きました。周りは砕石を敷き詰めています。

お墓の完成後は見えづらくなるなってしまう部分ではありますが、細部まで丁寧にお作りしています。

 

石材の隅々を錆びに強いステンレスのL字金具をしっかりと留めています。

 

 

石材と石材が重なる部分には免震シートを挟み、地震対策を施します。

 

 

 

お参りスペースにある波のような模様は表面をザラザラにすることで滑り止めの効果を持たせました。

全面を石張りで仕上げているので雑草になども生えにくくお手入れがしやすいデザインです。

伝統的な和型のお墓が多い墓地の中に、存在感のある洋型のお墓が完成しました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

1 / 512345