本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2021.1.12

新型コロナウイルス感染拡大予防の安全対策について

本日のまごころ職人

栃木県栃木市薗部町にある共同墓地でのお墓づくりをご紹介いたします。

 

 

<石積工事着工前の状況です>

石積工事着工前の状況です。基礎が固まり、いよいよ石積工事の開始です。

 

 

<ステンレスアンカー取付状況>

ステンレスアンカー取付状況です。石材の重なる部分にステンレスアンカーを入れて石材同士しっかりと固定していきます。

 

 

<免震シート取付状況です>

免震シート取付状況です。石材の重なる部分には免震シートを取り付けます。
震度7相当の揺れに耐える地震の揺れを逃がす特殊なシートを使用します。長年建築・土木工事でも使用されていて大切なお墓を地震からお守りいたします。
※飛鳥建設㈱防災R&Dセンター技術研究所構造実験棟で検証

 

 

<シーリング加工の状況です>

このように石材の隙間を塞ぐ為マスキングテープで養生してからシーリング加工を施します。

 

 

<お墓完成の状況です>

まごころ職人が施工したお墓が無事完成いたしました。
地上型納骨室タイプのお墓です。大きな納骨室にあわせ、竿石や花立、香炉も洋型のデザインで大きめのものを配し全体のバランスを調和しました。両開き扉の納骨室内は二段構えのつくりで最大30名様まで納骨可能。大きな門柱はベンチとしてもお使いいただけます。

 

 

地震の揺れからお墓を守る免震効果のある黒いゴム状のシートを使って石を積み上げていきます。

本日は栃木県栃木市薗部町にある共同墓地でのお墓(基礎工事)づくりをご紹介いたします。

 

 

<基礎工事着工前の状況です>

基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

 

 

<根掘工の状況です>

まずは根掘工を行います。通路面から約30センチ程掘り下げていきます。

 

 

<転圧工の状況です>

直径15センチ内外の割栗石を敷き詰めてランマーで十分に転圧します。その後に目詰め砕石を敷き詰めてもう一度ランマーで十分に転圧して地盤の強化をはかります。

 

 

<配筋工の状況です>

地盤を十分に踏み固めて次は配筋工を行います。コンクリートのひび割れを防ぐ為、約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

 

 

<コンクリート打設工の状況です>

四方と納骨室の壁になる部分は化粧枠で囲い生コンクリート打設時にズレが生じないように型枠同士を木片で固定します。生コンクリート打設後はブルーシートで囲み一定期間養生をして基礎の完了です。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は栃木県真岡市の共同墓地でのお墓づくりをご紹介いたします。

 

 

【L字金具取付状況】

 

石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定していきます。石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を取り付けて石材のズレを防ぎます。

 

 

【シーリング加工】

石材の隙間を塞ぐ為マスキングテープで養生してからシーリング加工を行います。

 

 

【免震シート取付状況】

 

当社では地震の倒壊を防ぐ為、石材の重なる部分には免震シートを使用します。
震度7相当の揺れに耐える地震の揺れを逃がす特殊なシートを使用しています。長年建築・土木工事でも使用されていて大切なお墓を地震からお守りいたします。
※飛鳥建設㈱防災R&Dセンター技術研究所構造実験棟で検証

 

 

【お墓完成】

本日もまごころ職人が施工したお墓が無事完成いたしました。「ファシノ」というデザインで竿石が描くエレガントな曲線美は優しかったあのひとの面影を彷彿とさせます。綺麗な五色の玉砂利の下は雑草対策もしており、お手入れも簡単です。段差の少ないお参りスペースは小さなお子様やお年寄りにも安全です。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

本日は栃木県真岡市の共同墓地でのお墓(基礎工事)づくりをご紹介いたします。

 

 

【基礎工事着工前】

基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

 

 

【根掘工】

まずは根掘工を行います。通路面から約30センチ程掘り下げていきます。

 

 

【転圧工】

次に転圧工を行います。根掘工の後、直径15センチ内外の割栗石を敷き詰めてランマーで転圧していきます。その後目詰め砕石を敷き詰めてランマーで十分に転圧をして基礎の強化をはかります。

 

 

【配筋工】

転圧工の後は配筋工を行います。型枠を組んで鉄筋を組んでいきます。コンクリートのひび割れを防ぐ為、約20センチ間隔で鉄筋を組みます。

 

 

【コンクリート打設工】

最後にコンクリート打設工を行います。打設後はバイブレーターで適度な振動を与えて内部の気泡を除去します。コンクリートの密度を高める事で骨材が均等に分散した強い基礎に仕上げます。この後はブルーシートで囲んで一定期間養生をして基礎工事の完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のまごころ職人のお墓づくりは、静岡県弁天沢湯川区の共同墓地です。

【工事着工開始状況】
今回の工事はすでにつくられている既存の囲いを利用しての施工になります。

 

  

【基礎工事補強の状況】
コンクリートで施工された既存の囲いを利用して、新たに御影石で囲いをおつくりしていきます。その後、既存の基礎コンクリート部分に新たにコンクリートを打ち足し土台となる部分を補強いたします。

 

  

【ステンレス金具での補強状況】
石を組み上げて行く際に石材がずれこまないように囲いの四隅には錆に強いステンレス製のL字金具でしっかいと補強していきます。またお墓のデザイン構造にもよりますが、立ち上がりの柱を立てる場合は、柱がズレないようにステンレス製のダボピンで固定いたします。二重で補強いたしております。

 

【納骨室の状況】
お墓のデザインにもよりますが、納骨室は大きめに設けられております。

 

【地震対策】
私ども(まごころ価格ドットコム)では、地震対策の一環といたしまして、すべてのお墓に墓石用免振シートを標準でお付けしております。近年では、お墓に心棒を入れる耐震構造よりもよりも、地震に因る揺れの力を分散する免振工法が多くなりつつあるようです。

 

 

【お墓の完成です】
既存の囲いを活用し、お墓が完成いたしました。石の組み合わせは白御影石とピンク系の御影石を使用しております。柔和な雰囲気に見えるバランスの取れたお墓に仕上がりました。また、こちらのお墓はお掃除しやすいのもメリットです。

 

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

1 / 712345...最後 »