本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日は、愛知県春日井市にある寺院墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

外柵下部の巻石を調整モルタルで高さを調整します。水平器で勾配を見ながらプラスチックハンマーで据え付けしていきます。

 

巻石の四隅は、ステンレス製のL型金具とアンカーボルトで石同士を強固に固定します。

 

外柵の上下についても、やはりステンレス製の丸棒を差し込んで地震の際にズレが生じないようにします。

納骨室内部の底には、白御影石の棚板を設置します。棚板の上に骨壺を安置する作りになっています。

 

外柵の天板をユニック車のクレーンで布製のベルトを用いて慎重に吊りながら丸棒の位置を調整し、石材用のボンドを充填して据え付けします。

 

石材と石材の間には長年建設現場で使用してきた黒色の四角いシート(ブチルゴム)を挟み込んで積み上げていきます。このシートが大切なお墓を地震から守ります。

 

彫刻を施した仏石(竿石)を据え付ける際には、プラスチックハンマーで叩き込んで前後左右の位置調整を行います。

 

正面の彫刻には、仏石の左下と右上には梅と菖蒲を配置しました。シンプルなデザインに中間色のグレー御影石がマッチした素敵な洋型のお墓の完成です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は大阪府岸和田市流木町の岸和田墓苑でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

既存の外柵と先日施工した基礎の上に石積工事を行っていきます。

 

まずはモルタルと石材用ボンドで据え付けていきます。

 

土台の据え付け完了です。

 

石材同士重なる部分には免震シートを使用しています。大切なお墓をお守りする為、地震の揺れを軽減するように工夫をしています。

 

石塔を積んだあとは墓誌の設置と拝石を敷きつめて仕上げに向かいます。傾きなどが無いよう水平器をあててしっかりと仕上げていきます。

 

据え付けが終わりましたら、玉砂利を敷き詰めて石積工事完了となります。石塔と墓誌の石材はグレー御影石の代表格のG654です。この石は白い石の明るさと黒い石の重厚さをバランスよく兼ね備えているが特徴で和型・洋型問わず人気です。五色玉砂利の白系とバランスが良く仕上がりました。弊社ではこのお墓のように既存の外柵を利用することも可能です。墓地区画をお持ちで建立をご計画予定の方、まだ区画はないけどいずれお墓を建てたいという考えの方どしどし御相談いただければと思います。全力でサポートさせて頂きますので、是非お問い合わせください。!

 

 

 

 

本日は東京都台東区にある谷中霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

石積工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。

 

固まった基礎の上に石材用ボンド、モルタル、ステンレスアンカーを使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材同士しっかりと固定する為、石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

 

石材の重なる部分には免震シートを使用しています。地震の揺れを軽減して大切なお墓をお守り致します。

 

  

石材同士の隙間を塞ぐ為、マスキングテープで養生してからシーリングを行います。

 

まごころ職人が丁寧に施工した洋型墓石が完成しました。
石塔・墓誌にはインド産バハマブルーの石を使用しています。石の特徴として大理石のようなマーブル模様の御影石でシックな雰囲気や人とは違うデザインをお求めの方にお勧め致します。
彫刻デザイン竿石部分には「和」一文字での彫刻。寂しい感じもありますが周りに花のイラストを彫る事でガラッと雰囲気が変わりました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

本日は神奈川県横須賀市にある横須賀市営公園墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

基礎工事完了着工前

一定の養生期間を経て、いよいよ石積工事の開始です。

霊園の規定により地下カロートでの施工になります。

 

カートクレーンの足場を養生

通路に傷が付かないように木製の板や毛布等でしっかり養生してから施工に入ります。

石材は重量が有るので蟹のような形をしたカートクレーンで吊りながら慎重に設置していきます。

 

ステンレスL型金具

石と石の繋ぎ目は地震等の揺れが有った場合に開かないように

L型のステンレスアンカーと石材専用のボンドで頑丈に固定します。

 

白御影石の二段カロート

霊園規定により納骨室は2段カロートにして霊園内に敷設してある排水パイプに接続します。

お骨壺を安置する納骨室は清潔なイメージの白御影石でお作りしました。

 

エアーグリップで免震施工

石塔の石と石の間にはエアーグリップという免震シートを挟んで地震等の揺れから大切なお墓を守ります。

 

マスキングテープで養生後にシーリング

石と石の繋ぎ目を黄色のマスキングテープ(紙テープ)で養生してコーキングを充填して水や埃の侵入を防ぎます。

 

インパラブルーの青の結晶

洋型の石塔ですが仏石(竿石)部分を縦長にした斬新なデザインです。

メインの石には南アフリカ産のインパラブルーという光の加減で青い結晶が美しく浮かび上がる御影石を使用。

また、インド産のバハマブルーという色味がバハマの海を思わせる石との組み合わせがとてもスタイリッシュなお墓に仕上がりました。

 

 

 

本日は福島県双葉郡広野町にある寺院墓地にてまごころ職人が施工したお墓を紹介します。

 

一週間程度養生をして固まった基礎の上に石積工事を施工します。まずは外柵からモルタルと石材用ボンドで据え付けていきます。水平器で慎重に測りながら正確に据え付けます。

 

石の接着する角々にはサビにくいL字金具で補強しズレを防止します。

 

黒いテープ状の物は大切なお墓を地震の揺れから守る免震シートです。石が重なる部分にボンドとともにこの免震シートを貼ります。

 

お地蔵様を設置する場所の設営をします。

 

石材の隙間を塞ぐためマスキングテープで養生してからシーリングを行います。無駄な目地が残らないようヘラでならし、最後にマスキングテープを取ります。この作業を行うことで納骨室や隙間にゴミや水が入ることを防ぎ、仕上げも美しくなります。

 

仕上げを行い、周囲の掃除を行ってお墓の完成となります。お墓デザインは”アコール”です。フランス語で調和という意味になります。石材は別名「桜御影」とも呼ばれ、ほんのり桜色の結晶が美しく人気のG688中目と洋型墓石によく使われるこちらも人気の中国マホガニーです。お墓の名前の通りまさに”調和”の取れた美しいお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

1 / 2412345...20...最後 »