本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日は東京都豊島区にある寺院墓地でまごころ職人が施工をしたお墓づくりをご紹介します。

 

基礎工事完了後に一定期間養生して型枠を外したら、いよいよ石積工事に取り掛かります。

 

 

外柵を取り付ける際にはコンクリートの空練りで高さとレベルを調整しながら各部材を据え付けていきます。

 

 

納骨室の壁面となる石も同じく水平を確認しながら据え付けします。

 

 

外柵の石同士の繋ぎ目にはステンレス製のL型金具でを用いて、後々に開いたりズレたりしないよう頑丈に固定します。

 

 

石と石の間には長年、建設現場でも使用実績が有るブチルゴムのシートを挟み込むことで地震から大切なお墓を守ります。

 

 

免震シートを挟んで石塔の建込みが完了したら石と石の間に水色のマスキングテープで目地部分を養生します。 この下準備を行うことでコーキング目地を綺麗に仕上げることができます。

 

 

しっかり養生したあとは耐震ボンドも兼ねたコーキング剤を充填して目地部分に水分や埃が入るのを防ぎます。

 

 

石塔に水鉢とラッパ型のステンレス製の花立、仏石(竿石)の下には香炉を配置したスタンダードな和型の白御影石のお墓です。 石塔の後ろの塔婆立ては、2本の白御影石の支柱の間にステンレス製のハシゴを挟み込んでいます。 グレー系のお墓が多い寺院墓地の中で白御影石のお墓が引き立って見えます。

 

本日は兵庫県尼崎市弥生ヶ丘町にある弥生ヶ丘墓園にてまごころ職人が施工したお墓を紹介します。

 

基礎工事が完了してから一定の養生期間を経ていよいよ石積工事に取り掛かります。

 

基礎部分と外柵がズレないように直径20ミリのステンレス製の丸棒を差し込んで施工します。

 

 

ステンレスの丸棒に加えて外柵の石同士が開かないようにL型金具で頑丈に固定します。

 

 

建設工事でも実績がある免震用のブチルゴムを石と石の間に挟んで石塔を積んでいきます。

その際に、石材用の弾性ボンドも併用して地震の揺れから大切なお墓を守ります。

 

 

関西地区では和型のお墓で白御影石を使われるお客様が多くいらっしゃいます。

その白御影の中でもインド産のアーバングレーは、原石を磨いた後の艶(光沢)のりも良く

吸水率の低さも白系の中ではトップクラスの石になります。

竿石(仏石)の下にスリン(極楽浄土のシンボルで有る蓮華を簡略化したもの)を

入れることで和型のデザインのお墓に更なる重厚感が加わりました。

 

お墓が完成して石の隙間に充填したコーキングが固まったのを確認した後に

お施主様のご希望で竿石部分に白い晒の布を巻きつけます。

白の晒には、開眼供養(魂入れ)までに余計なもの(邪悪なもの)がお墓に

入らないようにという意味が有ります。

本日は奈良県奈良市にある寺院墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の接着部分や角にはステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の重なる部分には免震シートを使用して地震の揺れを軽減します。

 

まごころ職人が施工した和型墓石が完成しました。石塔はG488ピンク御影石を使用している為やさしい雰囲気を感じます。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は岡山県岡山市にあるマルヤマ共同墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

こちらの基礎の上に石積工事を施工します。

 

石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用して石材同士しっかりと固定します。

 

元からあった戦士墓も据え付け直して、お墓の完成となりました。白御影石が映える風格のあるお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻等は画像処理で消しています。

 

 

本日は神奈川県茅ケ崎市にある共同墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

既存の納骨室(カロート)を活用してお墓を建立いたします。

 

まずは外柵から石材用ボンドとモルタルで据え付けていきます。

 

石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守り致します。

 

完成しました。風格のある和型のお墓が完成しました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

1 / 512345