本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2019.10.2

10周年記念 キャンペーン開催中です!

本日のまごころ職人

本日は三重県四日市市のお寺の墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

こちらの巻石部分にお墓の土台となる基礎工事を施工します。

 

【根彫り工の状況】
既存の巻石を取り除いて、地面を通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

【砕石入れ及び転圧の状況】

根彫り工を行いましたら、割栗石敷き詰め、その後砕石を約10センチ程度敷き詰め、ランマ等で転圧を行います。どの工程も重要ですが、地固めは特に重要な工程になります。

 

【配筋工の状況】

鉄筋が地面に接触しないように砕石と鉄筋の間にスペーサーを置き、ひび割れが入りやすいので約15cm~20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。。

 

【生コンクリート打設状況】

コンクリートを流し込み表面をならしていきます。

 

【基礎工事完了】

高さ調整を行いながら、コンクリートを打設いたしますコンクリートを流し終えましたら一定期間養生いたします。数日後、枠を外して完成です。

 

モルタルで高さ調節しながら土台となる石材を据えつけていきます。

 

つぎに、サビに強いステンレス金具を使用します。石材の隅々に設置して石材同士しっかりと固定していきます。

 

<免震シート取り付け状況>
地震対策の一つとして免震シートを使用します。石材の重なる部分に使用して地震の揺れを軽減する事で大切なお墓をお守り致します。

 

<お墓完成状況>
本日もまごころ職人が丁寧に施工したお墓が無事完成致しました。風格と優しさを併せ持つ洋型のお墓です。デザインはドルミール(フランス語で眠り)です。やすらぎ感のあるお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は岐阜県高山市にある眞我台霊園のお墓づくりをご紹介いたします。

 

真ん中の区画に石積工事を行います。木曽中央の四角い部分が納骨室となります。

 

まずは外柵から石材用ボンドとモルタルで据え付けていきます。傾きが生じないよう水平器を利用し慎重に据え付けます。

 

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定しズレが生じないようにしていきます。

 

大切なお墓をお守りする為石材の重なる部分には免震シートを使用しています。地震の揺れを軽減する事でお墓の倒壊を防ぎます。

 

石材の隙間を塞ぐためマスキングテープで養生してからシーリング加工を行います。

 

お墓が完成しました。デザインは”アネシス”です。ギリシャ語で安心を意味する言葉でまさにこのお墓にピッタリです。石は桜御影とも呼ばれて人気のG488です。この石の特徴は桜御影の名の通り優しいピンクを帯びていることです。優しさに溢れているお墓に仕上がっています。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は愛知県岡崎市才栗町にある岡崎市営霊園のお墓づくりをご紹介いたします。

 

基礎工事が終わり基礎がしっかりと固まったかを確認した後まごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。
まずは土台から。石材用ボンドとモルタルを使用して据え付けます。このように水平を取りながらハンマーで石材を据え付けていきます。

 

 

地震対策の一つとして石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定しています。

 

 

石材の四隅にステンレスの丸棒を使用する事でさらに耐久性を高めます。

 

このように人力で持ち上がらない石材はクレーンで慎重に運んでいきます。

 

大切なお墓をお守りする為、石材の重なる部分には免震シートを使用します。免震シートを使用する事で地震の揺れを軽減する事ができます。

 

本日もまごころ職人が施工したお墓が無事完成しました。地震による崩壊を防ぐ為に基礎工事から金具、接着剤や目地材まで色々な工夫を凝らしました。当社のドルミールというデザインで洋型墓石に相性の良いG488ピンク御影石を使用してお作りしました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

 

本日は、千葉県松戸市にある八柱霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

一定の養生期間を経てコンクリートの強度が出たら、いよいよ石積工事の開始です。

 

外柵は水平器で勾配を確認しながら石下のモルタルで高さを調整して、石材専用の接着剤を用いて据え付けしていきます。

 

石材専用の接着剤と併用してステンレス製のL型金具を用いて四隅を固定します。 地震等の揺れが有っても石同士が開かない為です。

 

外柵と納骨室の間にも石材用の接着剤で固定します。

 

石塔部分の両脇の基礎部分には化粧砂利仕上げの水が溜まらないように水抜きの穴を開けます。

また、納骨室と外柵の石同士もL型のステンレス金具で固定します。

 

納骨室は、白御影石で囲い、手前の先祖のお骨を還す部分には目の細かい小砂利を敷いて大切な仏様が入るお部屋を明るいイメージに仕上げます。

 

石塔部分の石と石の間には建設業界で長年実績の有る黒い四角のゴムシートを挟んで石を積んで行きます。

この免震シートが大切なお墓を地震から守ります。

 

お施主様のご要望で墓誌を設置しない為、右側面に新元号の令和で建立年月日を、裏面にお亡くなりになられた方の俗名を彫刻しました。

 

関東では、多い中間色のクレー御影を使用したシンプルな洋型墓石の完成です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は兵庫県宝塚市下佐曽利にある宝塚すみれ墓苑にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

基礎工事が終わり、いよいよ石積工事が始まります。

お墓の手前やカニクレーンの下は通路を傷つけないように養生しました。

 

基礎コンクリートの上に石材を据え付けて行きます。

石材の隅々はステンレス金具で留めてズレを防ぎます。

 

納骨室には砂を敷き詰めました。

石材同士が重なる部分には免震シートを挟んでいます。この特殊なゴムシートが地震の揺れを軽減し、大切なお墓をお守りします。

 

石材同士の隙間に汚れなどが入り込まないようにシーリング剤を充填します。丸みのある箇所は特に慎重にマスキングテープで養生をしてから作業を行います。

 

五色玉砂利を敷いて石積工事が完了しました。

丁寧に引かれたシーリングのラインもデザインを引き立てる一部になっています。

 

お石塔の手前の板石は納骨室の蓋も兼ねています。左右に手をかけるための窪みがございますのでご家族でご納骨をすることも可能です。

 

 

中央に十字架を彫刻した印象的なお墓が完成しました。外柵の高さにや厚みに変化をつけることで重厚感のあるデザインとなりました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

1 / 1812345...最後 »