本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日は東京都豊島区南池袋にある雑司ケ谷霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

今まであったお墓を撤去して新しいお墓をお作りいたします。

埋葬されていたお骨は工事の間は職人が大切にお預かりしました。

 

まずは基礎工事です。

墓石を撤去してお骨上げをした後に基礎工事を行いました。

区画に合わせて掘り下げ、砕石を敷いて鉄筋を配筋しました。

 

コンクリートを流して充分に固まるのを待ちます。

左右にある丸い穴は水抜き穴です。

 

土台となる石材を据えつけました。隅々はサビに強いステンレス金具を取り付けしっかりと固定します。

 

竿石を据えつけました。

石材同士が重なる部分には揺れを逃がす免震シートを使用し、地震対策を施しています。石材同士の隙間にはシーリング剤を充填して、汚れ那古が入り込むのを防ぎます。

 

五色玉砂利を敷いてお墓が完成しました。

愛着のあるお墓のデザインを受け継いだデザインなので、新しい中にも懐かしさを感じられるのではないでしょうか。

 

雑司ヶ谷霊園は池袋駅の近くにあり、都会の中のオアシスのような霊園です。

霊園内には様々な植物が育てられていますので、お墓参りのついでに立ち寄るのも楽しみになりそうです。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

本日は大阪府岸和田市流木町の岸和田墓苑でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

既存の外柵と先日施工した基礎の上に石積工事を行っていきます。

 

まずはモルタルと石材用ボンドで据え付けていきます。

 

土台の据え付け完了です。

 

石材同士重なる部分には免震シートを使用しています。大切なお墓をお守りする為、地震の揺れを軽減するように工夫をしています。

 

石塔を積んだあとは墓誌の設置と拝石を敷きつめて仕上げに向かいます。傾きなどが無いよう水平器をあててしっかりと仕上げていきます。

 

据え付けが終わりましたら、玉砂利を敷き詰めて石積工事完了となります。石塔と墓誌の石材はグレー御影石の代表格のG654です。この石は白い石の明るさと黒い石の重厚さをバランスよく兼ね備えているが特徴で和型・洋型問わず人気です。五色玉砂利の白系とバランスが良く仕上がりました。弊社ではこのお墓のように既存の外柵を利用することも可能です。墓地区画をお持ちで建立をご計画予定の方、まだ区画はないけどいずれお墓を建てたいという考えの方どしどし御相談いただければと思います。全力でサポートさせて頂きますので、是非お問い合わせください。!

 

 

 

 

本日は大阪府池田市桃園にある桃園墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

桃園墓地は最寄り駅からは徒歩15分。

高速道路の出口からの近いので、遠方からでもお参りがしやすい立地に有ります。

 

基礎工事が終わりコンクリートがしっかりと固まったのを確認してから石積工事を始めます。

大きくない区画ですがお墓を支える基礎の基準は他のお墓と変わらず安心の設計となっております。

 

石材の据付が始まりました。

納骨室を石材へ囲みます。土台となる部分なのでモルタルで高さを調節しながら慎重に配置します。石材同士は免震ボンドを使用して地震の揺れに備えます。

 

 

石材の隅々はL字金具でしっかりと固定します。

納骨室には板石を設置しておりますのでお骨壷を安定してお納めすることが出来ます。

お骨を土に還すことが出来るように手前には砂の部分を設けております。

 

石材が上下に重なる部分には黒いシート状の免震シートを挟んで地震対策を施します。

 

お墓が完成しました。

 

責任を持ってお墓をお作りした証として、まごころ価格ドットコムのステンレスプレートを貼りました。

 

開眼法要まで大切なお墓をお守りするよう、竿石に晒を巻いてお納めしました。

伝統的な和型のお墓が多い区画で安定感のある洋型の墓石は存在感があります。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

本日は東京都豊島区にある寺院墓地でまごころ職人が施工をしたお墓づくりをご紹介します。

 

基礎工事完了後に一定期間養生して型枠を外したら、いよいよ石積工事に取り掛かります。

 

 

外柵を取り付ける際にはコンクリートの空練りで高さとレベルを調整しながら各部材を据え付けていきます。

 

 

納骨室の壁面となる石も同じく水平を確認しながら据え付けします。

 

 

外柵の石同士の繋ぎ目にはステンレス製のL型金具でを用いて、後々に開いたりズレたりしないよう頑丈に固定します。

 

 

石と石の間には長年、建設現場でも使用実績が有るブチルゴムのシートを挟み込むことで地震から大切なお墓を守ります。

 

 

免震シートを挟んで石塔の建込みが完了したら石と石の間に水色のマスキングテープで目地部分を養生します。 この下準備を行うことでコーキング目地を綺麗に仕上げることができます。

 

 

しっかり養生したあとは耐震ボンドも兼ねたコーキング剤を充填して目地部分に水分や埃が入るのを防ぎます。

 

 

石塔に水鉢とラッパ型のステンレス製の花立、仏石(竿石)の下には香炉を配置したスタンダードな和型の白御影石のお墓です。 石塔の後ろの塔婆立ては、2本の白御影石の支柱の間にステンレス製のハシゴを挟み込んでいます。 グレー系のお墓が多い寺院墓地の中で白御影石のお墓が引き立って見えます。

 

本日は東京都台東区にある谷中霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

石積工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。

 

固まった基礎の上に石材用ボンド、モルタル、ステンレスアンカーを使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材同士しっかりと固定する為、石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

 

石材の重なる部分には免震シートを使用しています。地震の揺れを軽減して大切なお墓をお守り致します。

 

  

石材同士の隙間を塞ぐ為、マスキングテープで養生してからシーリングを行います。

 

まごころ職人が丁寧に施工した洋型墓石が完成しました。
石塔・墓誌にはインド産バハマブルーの石を使用しています。石の特徴として大理石のようなマーブル模様の御影石でシックな雰囲気や人とは違うデザインをお求めの方にお勧め致します。
彫刻デザイン竿石部分には「和」一文字での彫刻。寂しい感じもありますが周りに花のイラストを彫る事でガラッと雰囲気が変わりました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

1 / 2512345...20...最後 »