本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.6.4

まごころ価格ドットコムの記事がyahooニュースで紹介されました。

本日のまごころ職人

本日は千葉県松戸市田中新田にある八柱霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

先日の基礎工事から数日が経過し、コンクリートがしっかりと固まりました。

これから石積み工事を始めます。

 

 

周りの部材から順に据え付けていきます。

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を取り付け石がずれないように補強します。

 

 

中央の四角い部分がご遺骨をお納めする納骨室です。お墓が完成すると目にする機会はあまりありませんが、心を込めてお作りしています。

 

 

いよいよ竿石の据え付けの工程となりました。

石材が上下に重なる部分には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施しています。

 

 

石材同士の隙間に汚れなどが入り込まないようにシーリング処理をします。

 

 

バラの花の彫刻が印象的なお墓の完成です。

外柵には薄桜色の結晶が入った白御影石、石塔にはグレーの御影石と2種類の石材をお選びいただきました。

グレーの御影石は彫刻に色を入れなくてもしっかりと見えるので、花や家紋などデザイン性のある彫刻をされる方に人気があります。外柵を淡い色にすることで敷地を広く、石塔の色を変えることで立体的に見えます。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

本日は長野県須坂市大字小河原にある須坂市営松川霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

石済み工事が始まりました。お墓の周囲を囲う外柵から順に据え付けていき、石材同士が繋がる部分に水や汚れが入り込まないようシーリング処理をしています。

 

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス製のL字金具を取り付け石がずれないように補強します。

 

 

メインとなる竿石を設置しています。石材同士が上下に重なる部分には揺れを軽減する黒いゴム状のシートと耐震ボンドを挟み、大切なお墓を地震の揺れからお守りしています。
目立たない部分ではありますが、代々大切に引く継がれていくお墓を守る為に万全の耐震対策をしております。

 

 

故人への思いの詰まったお墓が完成しました。

石塔と墓誌には緑ががった淡いグレーの御影石、外柵には古くから日本の建築に使用されている真壁石を使用しました。2種類の石材を使用することで、石塔の存在感がより強調されます。

外柵の左側は手入れがしやすいよう石張りで仕上げました。右側には故人が好きだった木を植えられるように植栽スペースを設けました。
これからご家族で木を植えて、本当の完成となります。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

 

本日は横浜市西区元久保町にある久保山霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

基礎工事が完了して数日が経過し、いよいよ石積み工事が始まります。

中央の四角い穴は納骨室になる部分です。土の部分を残すことで雨水などが自然に地中に浸みていき、お墓に水が溜まるのを防いでいます。

 

 

土台となる外柵の設定から始めていきます。吊るした部材が揺れないよう慎重にクレーンを操縦しながら据え付けていきます。

 

 

外柵の設置が進み、納骨室が見えてきました。白御影石板石を設置して、明るく清潔感のある納骨室となっています。

お墓が完成すると見えなくなってしまう部分ですが、大切なご遺骨を気持ちよくお納めできるよう心を込めてお作りしております。

外柵の四隅はステンレス製のL字金具でしっかりと固定してました。

 

 

高さの低い洋型墓石でも背の高い和形墓石と同様に、石材同士が上下に重なる部分には免震シートを挟んで地震対策を施します。

 

 

お墓が完成しました。

落ち着いた深いグレーの墓石に椿と梅の花を大きく彫り、華やかさが加わりました。お参りスペースの滑り止めを曲線的にすることで、奥行を感じられるデザインとなっております。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

本日は千葉県松戸市に田中新田ある八柱霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

区画にすでに設置されていた納骨室に合わせてお墓をお作りしています。

基礎故工事から数日が経過し、十分にコンクリートが乾いたのでいよいよ石積み工事を始まます。

 

 

まずは土台となる外柵の石材から据え付けていきます。隅々にはステンレス製のL字金具を使用し、石材同士がズレないようしっかりと固定します。

 

 

石材が上下に重なる部分には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施します。小さなシートですが頼りになる存在です。

 

石材同士の隙間に汚れなどが入り込まないようにマスキングテープで養生してからシーリング処理をします。こちらは墓誌の土台部分です。細かい箇所なので繊細な作業となります。

 

 

直線を生かしたシンプルなデザインのお墓が完成しました。外柵には白御影石を使用して、お参りスペースが明るく広々とした印象になりました。お石塔にはグレー系の御影石を使用し、存在感のあるデザインとなりました。グレー系の石は色入れをしなくてもはっきりと彫刻が見えるので、家紋などの彫刻にこだわりたい方に人気があります。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

 

 

本日は東京都府中市多磨町にある多磨霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

代々受け継がれてきたお墓を解体して新しいお墓に建て替えします。

どのように変わるのか楽しみですね。

 

左の写真は先日完了した基礎工事の様子です。

数日が経過しコンクリートが充分に乾いたら、いよいよ石積み工事が始まります。

お墓を囲う石材から順番に据え付けていきます。

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定していきます。

 

納骨室にはお骨壺を安定して納められるよう板石を設置しております。

手前にはご遺骨を土還せるようなスペースを設けております。お墓の建て替えで多くのご遺骨がある場合は、板石を設置する前にご遺骨を土に埋めることもあります。

 

竿石を設置する様子です。

四隅に見えるのは地震の揺れを軽減する免震シートです。石材同士が上下に重なる部分にはこちらのシートを挟み、地震対策を施しています。

 

敷地内いっぱいに玉砂利を敷いて、すべての工程が完了です。

高さのある和形のお墓から、白御影石を使用した明るい印象のお墓に生まれまわりました。段差の少ない広々とした外柵と高さを抑えた洋型の竿石で、お手入れしやすくなりました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

1 / 3712345...20...最後 »