本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓作りは東京都八王子市の公営霊園にて基礎工事です。

【工事着工前の状況です】

これから基礎工事着工開始です。

 

【根彫り工の状況です】

地通路面から約30センチほど掘り下げていきます。
中央付近の残してある部分は納骨室にあたる部分です。

 

【転圧工の状況です】

根彫り工が終えましたら、今度はランマという重機で転圧(地固め)を行います。その後、約10センチくらいの厚さで砕石を敷き詰め、もう一度転圧を行います。
こちらの工程は地味に見えますが重要な工程になります。

【型枠取り付け・配筋工の状況です】

転圧工が終えましたら、今度は型枠を組んでいきます。こちらの型枠はコンクリートが外に流れ出ないようにするためです。また、コンクリートだけだですと、引っ張り強度に弱いため、10ミリの異形鉄筋を20㎝間隔で配筋いたします。鉄筋の下に置いている白く四角い物はスペーサーとよばれている物です。鉄筋を浮かせることによりコンクリートが鉄筋の下に潜り込みやすくするためです。

 

【生コン打設工の状況です】

生コン打設完了です。
4つある丸い円柱状のところですが、この部分は水抜きの役目をする部分になります。
この後、充分に養生し、コンクリートが固まったら型枠を外して完成です。
型枠を取り除いて、石積み工事となります。

 

本日は千葉県千葉市の寺院墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定します。人力で持ち上がらない石材は専用の機械を使用して慎重に持ち運びます。

 

石材同士しっかりと固定する為、石材の隅々にはステンレス金具を使用しています。当社ではサビに強いステンレス金具を使用しています。

 

石材同士重なる部分には免震シートを使用しています。大切なお墓をお守りする為、地震の揺れを軽減するように工夫をしています。

 

石材同士の隙間を塞ぐためマスキングテープで養生してからシーリングを行います。

 

お施主様の希望で土台部分の後ろにステンレス塔婆立を設置させていただきました。

 

本日もまごころ職人が丁寧に施工したお墓が無事完成しました。外柵部分にはG688中目を、石塔部分にはG654長泰を使用したファミリアというデザインの洋型墓石で軽く跳ね上げるようなカーブを有する竿石はシンプルで広がりがありどんな彫刻もしっくりとなじみます。今回は2文字彫刻で人気の「感謝」を彫刻してお作りしております。1文字に比べ2文字になると言葉の意味もぐっと深まります。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は愛知県春日井市にある寺院墓地にて、まごころ職人が施工した基礎工事をご紹介をいたします。

【根彫り工開始の状況です】

根彫りの深さは約30cmほど掘り下げます。
重機が入らない墓地では、職人が手で掘って進めて行きます。

 

【根彫り工後の状況です】

この段階で1回、転圧(地固め)を行います。

 

【砕石入れの状況です】

1回目の転圧工が終えましたら、敷地内に砕石を敷き詰めます。
砕石を敷き詰めましたら、次に2回目の転圧を行います。

 

【砕石を転圧した後の状況です】

転圧の工程は基礎工事の中でも特に重要視される工程となります。

 

【配筋工の状況です】

コンクリートは圧縮強度に比べ、引っ張り強度が極めて小さく、
ひび割れが入りやすいので15cm~20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。

 

【コンクリ-トの打設(流し込み)状況です】

配筋いたしましたら、次にコンクリートを流し込みます。
コンクリートを流し込む際は、鉄筋の下にコンクリートが潜り込むように打設いたします。

【基礎工事完了後の状況です】

高さ・水平調整を行いながら、コンクリートを打設いたしました。
この後、一定期間養生いたします。
数日後、型枠を外していよいよ石積み工事となります。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、大阪府岸和田市の岸和田市墓苑(流木墓苑)での基礎工事です。

 

こちらの区画にお墓の土台となる基礎工事を施工します。

 

いよいよ工事着工開始です。基礎工事を行うには、根彫り工から始めます。
根彫りの深さはグランドライン(通路面)から約30cmほど掘り下げます。その後地面を叩き引き締めます。

 

根堀の後、石を隙間なく詰めて再度地面を叩き締めます。この転圧と言われる地面を叩き締める作業で基礎地盤としての支持力を図ります。どんなに基礎コンクリとを厚く打っても、転圧を十分に行わないと後々お墓が傾く原因になったりしますので、どの工程も重要なことに変わりありませんが、この工程もかなり重要な作業です。

 

コンクリートは圧縮強度に比べて引っ張り強度が極めて小さく、ひび割れが入りやすいので15cm~20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。中央の四角い枠が納骨室です。

 

生コンクリートを流し込み、表面を平らにならし、仕上げます。このあと、コンクリートが乾くまで、雨などに濡れないように注意し一定期間養生いたします。コンクリートが乾いて固まったのを確認して、木枠を外すとお墓の土台となる基礎が完了となります。

 

 

本日は福島県双葉郡広野町にある寺院墓地にてまごころ職人が施工したお墓を紹介します。

 

一週間程度養生をして固まった基礎の上に石積工事を施工します。まずは外柵からモルタルと石材用ボンドで据え付けていきます。水平器で慎重に測りながら正確に据え付けます。

 

石の接着する角々にはサビにくいL字金具で補強しズレを防止します。

 

黒いテープ状の物は大切なお墓を地震の揺れから守る免震シートです。石が重なる部分にボンドとともにこの免震シートを貼ります。

 

お地蔵様を設置する場所の設営をします。

 

石材の隙間を塞ぐためマスキングテープで養生してからシーリングを行います。無駄な目地が残らないようヘラでならし、最後にマスキングテープを取ります。この作業を行うことで納骨室や隙間にゴミや水が入ることを防ぎ、仕上げも美しくなります。

 

仕上げを行い、周囲の掃除を行ってお墓の完成となります。お墓デザインは”アコール”です。フランス語で調和という意味になります。石材は別名「桜御影」とも呼ばれ、ほんのり桜色の結晶が美しく人気のG688中目と洋型墓石によく使われるこちらも人気の中国マホガニーです。お墓の名前の通りまさに”調和”の取れた美しいお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

1 / 16612345...204060...最後 »