まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

重要なお知らせ
2019.12.24

墓じまい経験者の意識調査報告 ~ 9割以上の経験者が墓じまいして「良かった」~

まごころアドバイザーサポート日誌

お墓の仕事に携わっておりますと、今の時期、『お彼岸までに。。。』という言葉を良く聞きます。
『お盆』はなじみがある言葉ですが、お彼岸にはどのような意味があるのでしょうか。

お彼岸

春のお彼岸は3月の春分の日を中日として前後3日間の計7日間、秋のお彼岸は9月の秋分の日を中日として前後3日間の計7日間が期間となります。

「彼岸」本来の意味としては、煩悩を脱した悟りの境地のことを言い、三途の川をはさんで、私達の住んでいる世界を此岸(しがん)といい、向こう側(仏様)の世界を彼岸(ひがん)と言います。
お彼岸とは、我々人間の迷いや苦しみの原因となる煩悩のない、悟りの境地に達した世界であり、極楽浄土のことを言います。
極楽浄土ははるか西のかなたにあると考えられており、春分の日と秋分の日の中日は、太陽が真東から出て真西沈む日で、この日に夕日を拝むのは西にある浄土に向かって拝むことになるので、功徳があると言われています。

お墓参り

お彼岸といえば、お墓参りのイメージがありますが、お彼岸にお墓参りをするという習慣は日本独自のものだそうです。

春分の日は「自然をたたえ、生物を慈しむ日」、秋分の日は「先祖を敬い、亡くなった人を忍ぶ日」です。
春分の日と秋分の日に、ご先祖様の供養の法要を行えば、ご先祖様だけでなく自分自身も西のかなたの極楽浄土へ到達することができ、またご先祖様への思いも最も通じやすくなるのではないかという思想が生まれ、お彼岸にはご先祖様の供養のためにお墓参りをするという行事が定着していったようです。

『お彼岸』の意味を知ってお墓参りに行かれると、いつもとは少し違ったお参りになるかもしれません。

成田

最近、お客様からこんなお問合せをいただきます。
・先祖代々のお墓なので骨数が多くて、次のお墓に納まらない。
・納骨室がいっぱいでお骨壺が入らない。

納骨室がいっぱいで骨壺が入らない

皆様はお墓の納骨室(カロート)の中の様子を見た事はありますか?
実際に納骨しようと思ったが、納骨室がいっぱいで骨壺が入らない状態になっていたということもが聞いたことがあります。

特に先祖代々から続くお墓に多く見受けられます。
今回はそのような場合にどうすればよいのか、お墓の納骨室にお骨が入らない場合の対応方法のひとつで粉骨(パウダー化)をご案内しております。
近年、粉骨(パウダー化)が身近な言葉になってきてはおりますが、まだまだ知られていない事も多いです。
粉骨(パウダー化)を知っていると供養の幅も広がると思いますのでご紹介いたします。

粉骨(パウダー化)って何のこと?

粉骨(パウダー化)】とは、お骨をパウダーのように粉末状にすることを言います。
お骨を粉骨(パウダー化)する事で、容積は約5分の1になります。
又、粉骨(パウダー化)をする前に、殺菌や洗浄をする為、衛生的な状態を保つことができます。
散骨では必ずお骨を粉骨(パウダー化)しなければなりませんが、それ以外では手元供養として粉骨(パウダー化)をする方もいらっしゃいます。

どんなお悩みもプロとして適切にそしてお気持ちを汲んでご提案していきます。

寺澤美紀

「お墓を買う」ということは人生の中でも大変大きな買い物のひとつです。
現金一括でという方もいらっしゃる思いますが、高額になればなるほど一括でのお支払いは難しくなります。そこで今回はローンやクレジット支払いのお話しをさせていただきます。

お墓ってローン(クレジット)でも買えるの?


結論から申し上げると、可能です。
ちなみにクレジットは「信用」、ローンは「融資」という意味です。お支払い方法の違いはクレジットカードなどで商品やサービスを「クレジット会社に後で支払いをするかたちで購入する」のに対してローンとは「一旦お金を借りて購入する」ことになります。クレジットはクレジット会社がお店に立替払いを行います。つまり、クレジットとローンの一番の違いはクレジット=「購入代金をクレジット会社が立替払いをする」ローン=「購入代金を現金で手にして、ご自分でお店に支払う」
ということです。
なお、ローンは銀行でお金を借り、お客様自身が石材店にお支払いをされるので、問題はございませんが、クレジットに関しましては全ての石材店がクレジット会社と提携しているわけではありません。お世話になる石材店に問い合わせをし、ご契約する前にクレジット決済が可能か確認することをお進めいたします。なお、当社でも分割ローンは取り扱っており、2.9%の金利でご利用いただけます。(2020年1月現在)

キャッシュレス・消費者還元事業について(2019年10月1日~2020年6月30日まで)

2019年10月1日の消費税率引上げに伴う需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、一定期間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元等を支援する事業が開始されました。既に皆さまもご存じだと思いますが、キャッシュレス決済をすると最大5%の還元が受けられます。(コンビニやチェーン店は2%)まごころ価格ドットコムも加盟店となっておりますので、クレジットカードでの決済が可能でございます(VISA・Mastercardが対象)。ローンはお墓の購入にしか使えませんがクレジットカードは墓つくり・墓じまいでご利用いただけます(墓彫刻は除く)。ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。

墓石ディレクター
終活カウンセラー
本間一彰

まごころ価格ドットコムの「初売り」は1月31日をもって申込の締め切りとなりました。
非常に多くのお客様からのお問い合わせをいただきまして、誠にありがとうございます。

お墓つくりの初売りについて

お墓つくりでは、目玉商品がおかげさまで好評でございました。
また来年も皆様に高品質の商品をまごころ価格でご提供いただけるように、精進してまいります。
たくさんのご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

お墓じまいの初売りについて

墓じまいの初売りは業界初の試みでした。
墓つくり同様、多くのお問い合わせをいただき、改めてお客様の墓じまいへの関心の高さを実感いたしました。
まごころ価格ドットコムの墓じまいは全国どこでもお見積りさせていただいております。
また行政への手続きの代行サービスを行っており、遠方のお客様から大変ご好評をいただいております。
煩わしい手続きも多いので、ご不安な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

2020年も頑張ります!

インターネット墓石店のパイオニア。まごころ価格ドットコムは、お客様にリーズナブルな価格でご提供できるようにこれからも社員一同日々精進して参ります。
お墓じまいやお墓つくりで気になっている事がございましたら、どのようなことでもかまいません、お気軽にご連絡ください!!
まごころアドバイザーは一般社団法人日本石材産業協会が認定する「お墓ディレクター」の資格と、一般社団法人終活カウンセラー協会が認定する「終活カウンセラー」の資格を有しています。

お墓のことでお悩みならまずはまごころ価格ドットコムへご連絡を!!

山内

まごころ価格ドットコムの石井です。
気が付けば、今日で1月も終わります。あっという間ですね。

先日、墓じまいの閉眼供養に立ち会いさせていただきました。
今年は、暖冬とかいっていたのに、その日はあいにくの冷たい雨が降っていました。
前日、家でニュースを見ていたら、関東でも雪が降っている所もあり
朝、雪降っていたらどうしようと思っていたのですが、
何とか雨でとどまり無事に閉眼供養をとりおこなう事が出来ました。

当日は、お客様が遠方にお住まいの為、ご住職と私の2人だけでした。
時間にしておおよそ30分くらい、冷たい雨が降る中でしたが、
閉眼供養を行いました。

この30分という時間、みなさんはどう思いますか?
30分は長いな~と思われる方もいるかもしれません。
私は、あっという間の30分でした。
終わった時は、これで終わり?と思ったくらいです。

この閉眼供養ですが、必ずおこなわなければならないという事ではありません。
お客様が墓じまいの時に閉眼供養は必要ないと思ったら、行わなくても大丈夫です。
ただ、今回立ち会わせていただいて感じたのは、
閉眼供養を行うことで何か気持ちの整理がつく、そんな感覚になりました。

もしお客様の中で、閉眼供養をするかしないかで悩んでいる方がいましたら
「気持ちの整理がつくなら、行ってみてもいいかな?」と思っていただけたらな~と
私の勝手な願いです。

当社では、「お墓ディレクター」と「終活カウンセラー」の資格を持った
まごころアドバイザーが、お客様のお墓や供養に関することなど
お答えさせて頂きますので、お気軽にご連絡ください。

次回は何を書こうか頭を悩ませながら、今回はここまでに致します。
では、次回。