まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

重要なお知らせ
2020.6.4

まごころ価格ドットコムの記事がyahooニュースで紹介されました。

まごころアドバイザーサポート日誌

お墓じまいを終えられたお客様の声を紹介いたします。

まごころ価格ドットコムさんに感謝の気持ちをお手紙にしました。
・パンフレットが分かりやすい
墓じまいは分からないことが多かったが流れが分かり易く書かれており、段取りを把握することができ安心できた。
・両親が眠っているので墓じまいをしてもよいのか、当初は迷ったこともあったがメールで相談させて頂き、悩みを受け止めてくださり安心できる返答でお任せしようと心が決まりました。
・契約させて頂いてからも書類の記入や手続きについて、分かり易く教えてくださり助かりました。また、役所の手続きも代行して行っていただけたことで、自分たちの負担軽減となり感謝しています。
・魂抜き法要を行うお坊さんも手配していただき、お骨は海洋散骨と予定通りに行っていただきましたので、今はほっとしています。

墓じまいをしようと思いはじめてから約1年間。今は仏壇も処分してしまいましたが、両親の遺影に毎朝手を合わせて、今までと変わらない毎日を送っています。
供養とは,カタチではなく心の問題、気持ちの持ちようで父と母のことはいつまでも私の中で生き続けているような気がしています。
今回、墓じまいを経験して「今こうしているのは父、母のおかげ」としみじみ感じることができました。

お客様からこのような嬉しいお手紙をいただき改めて気持ちの引き締まる思いです。
今後もお客様とのご縁を大切していきます。

寺澤美紀

前回(6月8日)では、洋型墓石でご依頼が多いデザインを
ご紹介させていただきました。

今回は、和型墓石でご依頼が多い花彫刻をご紹介いたします。
和型墓石は、洋型墓石よりも彫刻を入れる場所が限られるため、
花立が一番バランスのとれる場所だと思います。

当社人気:第3位 ゆり

当社人気:第2位 蘭(らん)

当社人気:第1位 桔梗(ききょう)

この他にも、花彫刻のデザイン例が載っているハンドブックをご用意しております。
和型墓石は、竿石正面の彫刻について書体や各宗派にあった彫刻例もご覧いただけます。

ハンドブックのご請求を、お待ちしております。

👉資料請求は、こちらから

乙部

お客様からいただいたお声(お墓じまい)について今回はご案内いたします。

「不安なお墓じまい」

古くからあるお墓でどなた様が管理されているか、まったくわからなかったお墓をお墓じまいされたいというお客様からいただいたお声です。
「墓じまいできるのかすらわからない状況でしたが、なにから全てお手続きやお調べしていただいて、無事お墓じまいすることができました。ありがとうございます。」
お客様のお役に立てて何よりでございます。
お手続きが不安でなかなか難しいのではと思われるお客様も多いと思いますが、精一杯のサポートを信条に今後もお客様のお役にたてるよう精進して参ります。

「ワンストップで出来た」

インターネットの墓石店で大丈夫なの?と思っていらっしゃったお客様からいただいたお声です。
「タイムリーな連絡と説明で不安や懸念は払拭されました。地理的に遠いお墓なので困っていたのですが、お寺の手続き、役所の手続き、解体業者の手配に至るまでワンストップで出来たことは本当にありがたかったです。」
遠方だと大変な事も多いですよね。全国対応している墓石店だからこそ持っているノウハウを活かして、今後もお客様のお役に立ちたいです。

まずはご連絡ください!!

お客様のお困りごとは十人十色で様々です。
どんなことでも結構でございます、まずはまごころ価格ドットコムへご相談ください。
まごころアドバイザーは一般社団法人日本石材産業協会が認定する「お墓ディレクター」の資格と、一般社団法人終活カウンセラー協会が認定する「終活カウンセラー」の資格を有しています。
次回もまたお客様のお声を掲載していければと思います。
よろしくお願いいたします。

まごころアドバイザー 山内

 

『お墓って、誰かが亡くなってから考えたり建てたりするんじゃないの?』
そう思っている方が多いのではないでしょうか。
正直自分も、ずっとそんなもんだと思っていました。

ところが最近、生前に自分と家族のためのお墓を建てたいという方が
とても多いんです。

『えっ!?生きてるうちに建てるお墓って、縁起悪いんじゃないの!!』

はい。それは思い込みや風の噂です。
理由があって言われていたことではありません。

なぜなら・・・

聖徳太子も昭和天皇も寿陵

聖徳太子が生前に建てた逸話がございます。
また日本最大の前方後円墳を建てた仁徳天皇も
生前から築造を始めたと日本書紀に残っています。

1500年以上前から、日本には寿陵の習慣があったのです。

昭和天皇がお亡くなりになったあと、すぐに埋葬ができたのは
生前から造られていたからです。

もし縁起が悪かったら、聖徳太子も天皇陛下も生前には建立しませんよね。

寿陵は縁起がいい

生前にお墓を建てることを『寿陵』と言います。
寿陵とは『寿(ことぶき)』の『陵(みささぎ)』といった縁起のいい言葉です。
『長寿』や『子孫繁栄』を願っているとも言われています。

生前墓が増えている

生前にお墓を建てる方が増えた理由として
『子供に負担をかけたくない』
『自分の終の棲家をこの目で見たい』
といった理由があるようです。

生前に建てて安心した

実際にお建てになったお客様からは
『生きているうちに確認ができて安心した』
と言ったお声をお聞きします。

ご家族様との話し合いは必要ですが、ご検討されている方
悩んでいる方はぜひ一度ご連絡ください。

最初から最後までトータルのお見積り・ご相談が可能でございます。
ご検討中の方は是非一度ご連絡ください。
☞☞墓じまいの資料請求は、こちらから☜☜

その他お墓のことについては、
⇒詳しくは、こちらからホームページへ

最上

東京都営霊園の募集が始まります。

お墓を建てたいけど墓地のご用意がまだの方や、昨年、取得できなかった方など応募してみてはいかがでしょうか。

今年は、青山霊園、小平霊園、多磨霊園、八王子霊園、八柱霊園、谷中霊園、染井霊園の7か所での募集です。

霊園により、一般墓地、芝生墓地、合葬墓地、樹林墓地、樹木墓地など種類が様々ございます。

申込期間は令和2年6月18日(木)~7月7日(火)です。
都営霊園の募集は年一回ですので、この期間を逃すと来年までまた1年、待つことになります。

公営霊園の特徴は、管理がしっかりしていて、使用料がお手頃な価格に設定されているところが多いようです。
また、寺院墓地や民営霊園のように指定の石材店が無く、自由に選ぶことができます。

墓地の取得をご検討されていらっしゃる方は、お墓のデザインや石の種類など並行してご検討されることをお勧めいたします。

まごころ価格ドットコムでは、お墓が50万円から選べる無料のお墓のハンドブックをご用意しております。

ハンドブックにはお墓のデザインだけでなく、仏事の知識、石の種類まで幅広く載せております。
3~4日程度でお手元に届きますので、これからお墓つくりをお考えの方は一度、お手に取ってご覧ください。

皆様からのお問合せをお待ちしております。

成田めぐみ