まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

まごころアドバイザーサポート日誌

墓じまいというこ言葉を聞いたことはありますか?

墓じまいというのは今あるお墓を壊して更地に戻し、お墓に入っていた遺骨は新しいお墓で供養することをいいます。この墓じまい年々増えてきています。なぜ最近増えているのでしょうか?

東京都が一番多く8,600件

2015年のデータですが、厚生労働省が発表した数字によると1年間で改装した件数は約9万件だそうです。
その中でも一番多いのが東京都の8,600件です。もちろん人口が多いというのも考えられますが、地方出身のかたが東京で就職し、住まいを構えているケースが多いからではないかとも考えられます。仕事も住まいも東京にあれば地方にあるお墓参りにいくのは難しくなります。そうすると自然にお墓は自宅の近くに引っ越そうかとなりますよね。

毎年増えています

当社のコールセンターには毎日多くの墓じまいのご相談をいただきます。その件数を調べてみてびっくり。統計を始めたのが2016年。その当時は600件だったのが、2018年の3月で3,500件にもなっているのです。その数、2016年の約6倍です。

墓じまいは新たな供養の始まりです。

墓じまいは今までお参りしてきたお墓を壊してしまうので、マイナスなイメージをお持ちのかたもいらっしゃるかもしれません。しかし、墓じまいは新たな供養の始まりなんです。大切なご先祖様のご遺骨をお参りできないまま置いておくよりは、お住まいの近くに引越しをしてお参りの回数が多くなった方がご先祖さまも喜びますよね。
ただ、この墓じまい、意外と複雑です。「遺骨はどこに移すのか」「工事にはいくらかかるのか」「役所への提出書類はどうするのか」などなどやることがたくさんです。

まずは、プロである私どもへお問い合わせをください。お墓ディレクターと終活カウンセラーの資格をもった墓じまいのプロがお客様のご質問にお答えいたします。

新元号「令和」がつい先日発表されました。世間では「令和」にちなんだ商品がにぎわっております。
私どもでも「令和」でにぎわう事かと思いきや、お客様から多くお問い合わせをいただくのが「増税」についてです。
「お墓って増税になるの?」「お墓の増税っていつから?」そんなお悩みに今回はお答えさせていただきます。

お墓の増税?

私どもでもは、「墓つくり」「墓じまい」「墓彫刻」を承っております。増税といいますと商品に関わってくるものかと思いますが、
実はそうではないんです。お墓に関わる増税はお墓に関わる工事にも関わってきます。
つまり、お墓に関するご依頼は全て増税の対象となります。

お墓の増税はいつから?

お墓の増税は10月1日からです。しかしご注意いただきたいのが、10月1日の前日の9月30日までに契約すればいいということではないんです。
少し複雑なのですが、9月30日までにご依頼をいただいた件が全て完了(完成引き渡し)している事が、増税前の価格でご案内出来る条件になります。

増税前の価格で対応してほしい!

お墓のご依頼はご契約後、約2か月の納期をいただいております。ご依頼をいただきお見積書をお作りさせていただくにも日数がかかりますので
お早めにご計画をすすめられることをオススメいたします。
その他、お墓の事でご不明な事がございましたらまごころ価格ドットコムまでにご連絡ください。
ご連絡をお待ちしております。まごころアドバイザーは一般社団法人日本石材産業協会が認定する「お墓ディレクター」の資格と、一般社団法人終活カウンセラー協会が認定する「終活カウンセラー」の資格を有しています。

山内

関東在住のお客様から、東北地方のご実家(現在は、誰も住んでいない空き家)の敷地内に
建っているお墓と仏壇を一緒にしまって欲しいというご依頼をいただきました。

お墓の解体撤去とお仏壇の処分をしたい

ご相談をいただいたお客様からは、仕事があるため何度もご実家へは帰ることが
できないというご事情を相談いただきました。

お客様は50代後半~60代前半の男性で、ご両親ともに他界されてご実家にも
お戻りになる予定はないということでした。

お墓の解体撤去の費用は、ご実家の住所を伺ってまごころ職人が現地確認をさせていただくことになりました。

お仏壇は、お客様が以前大きさを測っていただいていた情報をもとに費用をご案内しました。当社では、お仏壇の処分なども提携会社があるため、
墓じまいとセットで承ることができます。

閉眼供養とお仏壇処分のため帰省

墓じまいとお仏壇の処分の費用が予算内に収まったということで、ご依頼をいただきました。
そして、一度の帰省だけで進めたいというお客様のご要望で
お墓の解体工事に入る前にお坊さんをお呼びしての閉眼供養とその後、ご実家にある
お仏壇を引き取っていただくために業者の日程を同日にセッティングさせていただきました。

無事、閉眼供養とお仏壇の引き取りが終わりお客様もお帰りになられました。

墓じまいの工事は、数日後に職人が解体撤去をさせていただきました。
工事完了のご報告も写真つきの『工程報告書』をお送りして、お客様にもご安心いただけました。

乙部

お墓を建立する時、仏様が出た時など、墓石に戒名を彫刻する場面があると思います。

今回は戒名の構成についてご紹介いたします。

戒名は、仏の世界における故人の名前のことを指します。戒名が与えられることにより、仏の世界へ入ることを許され、同時に仏教の戒律を守る証ともされています。

宗派によって呼び方が異なり、天台宗、真言宗、曹洞宗などでは「戒名」、浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号」と呼びます。

戒名の構成

戒名とは基本的に「○○院□□△△居士」というように、院号・道号・戒名・位号から構成されます。

<院号 ○○院の部分>

かつては高貴な人や、社会的に高い貢献をした人に与えられていました。院号より高貴な尊称として「院殿号」もあり、大名などにつけられておりました。

<道号(釈号、誉号) □□の部分>

戒名の上につけられるもう一つの名前で、号や字(あざな)にあたるものです。故人の趣味や人柄、性格などを意味する文字が当てられることも多くあります。

<戒名(法名、法号) △△の部分>

本来の戒名はどんな身分の方でもこの二文字で、仏の世界では平等であることが表現されています。生前の名前から1文字とって入れることが多いようです。

<位号(性称・尊性) 「居士」の部分>

位号は戒名の下につけられる尊称です。仏教徒としての位をあらわし、性別や年齢、地位により異なります。
位の高い順に、大居士/清大姉、居士/大姉、禅定門/禅定尼、清信士/清信女、信士/信女となります。

墓石への彫刻は?

お位牌などを見ると、戒名の上に「妙法」「法名」「新帰元」「梵字」などが書かれてあることが多くあります。実は、これらの文字は戒名を構成する文字ではありません。
同じように、戒名の下にある「霊位」「位」などは、置字と言われ、こちらも戒名ではありません。その為、墓石に彫刻する場合は「戒名」のみを彫刻します。

私どもでは墓彫刻のご依頼も承っております。

彫刻につきましてご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。

まごころレディ-太田未央
太田

 

お墓を建てたいけど、墓地の形が特殊で悩んでいるというお客様からご相談を受けることがございます。
特殊と言っても事情は様々です。
墓地が狭い、とても広い、三角形や台形のような形をしている、平地ではない等々。
「こんな形でも建てられますか?」とご不安に思われる方も多いようです。

わたくしどものガイドブックをご覧いただくとお墓の大きさが記載されているため、
大きさが違うからできないんだと思われてしまうお客様もいらっしゃいます。
ご安心ください。
どんな形の墓地でも、お客様のご要望に合わせて制作させていただきます。

お客様のご要望をお伺いながら、墓地の規定なども確認し、ご相談しながら進めさせていただきます。

相談するならできれば会って最終確認をしたいというお客様もいらっしゃいます。
そんなときはぜひ一度、日本橋にございます事務所へお越しいただければと思います。

随時相談受付中

日本橋の事務所には、まごころアドバイザーがおります。
じっくりご相談ができるよう、完全予約制となっております。
「見積りをお願いする前に、まずは相談したい。」
「最終的に契約する前に、一度会って決めたい。」
そんな風にお考えのお客様はぜひお電話くださいませ。

デザイン・石の色・彫刻内容など、じっくりお伺いさせていただきながら
お墓つくりのサポートをさせていただきます。

まごころレディ-最上沙織

最上

 

2 / 5212345...2040...最後 »