本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓づくりは、大阪府箕面市の公営霊園です。

 

20160507_162114

整然とお墓が並ぶ向こうに山々や街並みが臨めて、広々とした霊園でした。
通路状況も良くお参りしやすい霊園です。

 

使う3 使う4

石材同士はステンレスの金具でしっかりと固定しています。
職人の手作業により水平もバッチリです。

 

使う5

石材をマスキングテープで養生してから目地入れを行います。

 

使う6

中央に置いてある3つの丸い石ですが、こちらはお線香立てと
ロウソク立てになります。地方により使用しない場合もありますが、
関西地方では一般的に使用することが多いようです。

 

 

使う2

洋型のお墓が完成しました。
お墓は地域ごとに作法や形が異なることが多いですが、
お墓まごころ価格.comではお客様のご要望に出来る限りお答えさせていただきます。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、長野県松本市の共同墓地です。

 

1墓地全景

田んぼに隣接しているということで、近くには用水路がありました。
青々とした緑の風景と水の流れる音がとても穏やかな墓地です。

 

2石積み2 3石積み0

先日完了した基礎工事の上に、クレーンを使って石材を積んでいきます。
積み終わったあとの石材は職人が水平を取りつつ調整します。

 

4ステンレス金具

L字型の金具で石材同士をしっかりと固定しました。

 

6エアーグリップ

石材の間にある黒いゴム状のシートは、お墓を地震による揺れから守るためのものです。

 

7水抜き穴

化粧砂利の下になる部分には水抜き用の穴を開けています。

 

8完成

お花の彫刻が可愛らしい、洋型のお墓の完成です。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、愛知県刈谷市の公営霊園です。

 

着工前

お施主様の区画です。とてもキレイに整備されている霊園です。

 

根堀

まずは基礎部分の土を人力で掘っていきます。

 

一輪車で運搬

通路が狭いため、職人が一輪車を使って堀った土を運搬しています。

 

根堀2

このように基礎部分を掘り起こし、砕石を敷き詰めていきます。

 

転圧

砕石を敷き詰めてから、人力で叩き込んで基礎地盤を強化します。

 

配筋2 配筋

コンクリートのひび割れを防ぐために、20センチ間隔で鉄筋を組みます。

 

IMG_7190

枠組みをしてからコンクリートを流し込み、コテを使って綺麗に均して仕上げます。

 

生コン

基礎工事の完了です。
一定期間養生して、次は石積み工事に入ります。

 
 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、広島県福山市の共同墓地です。

 

安上家 035修正

6mの階段を登ったところにある墓地ですが新緑のこの季節、
最高のロケーションのなかでの石積み、すがすがしい気分で工事をさせて頂きました。

 

安上家 014 安上家 015

クレーンで吊りながら水平を確認して慎重に外柵を据付します。

 

安上家 016

石同士をステンレスの金具で強固に固定します。

 

安上家 027修正済み

外柵の仕切り石(羽目)を接着剤で固定します。

 

安上家 028 安上家 031修正済み

地震の揺れからお墓を守る黒いゴム状の免震シートと免震ボンドを貼り付けし
仏石(竿石)をクレーンで慎重に設置します。

 

安上家 032

石と石の繋目にコーキングで目地止めして最終の仕上げです。

 

安上家 033修正済み

グレー御影と紫がかったバハマブルーの石を組み合わせた
とてもシックな色合いの落ち着きのあるお墓の完成です。

 
 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、鳥取県鳥取市の公営霊園です。

 

0墓地全景

ゆったりとした区画でお墓が整然と並んでいる霊園です。

 

1根掘り 3根掘り

まずは根切りという、地面を掘り下げる工程から始めます。

 

4転圧 5転圧

根切りした後に砕石を入れ、機械と人力で押し固めてしっかり転圧します。

 

6鉄筋 7鉄筋

鉄筋は20㎝以下の間隔で敷きつめます。
こうすることで、この後に流し込むコンクリートのひび割れを防ぎます。

 

8コンクリート

コンクリートは職人の手作業で均します。

 

9完成

現場の清掃を終え、基礎工事が完了しました。
コンクリートが固まるまで数日間養生してから石積み工事に移ります。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。