本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓づくりは、鳥取県鳥取市の公営霊園です。

 

墓地全景

広々とした田んぼに隣り合った、通り抜ける風が清々しい霊園です。
山並みが綺麗に見えました。

 

ステンレス金具

外柵の隅々まで、ステンレス金具でしっかりと固定します。

 

コーキング2 コーキング

目地入れは綺麗に仕上がるよう、職人がひとつひとつ丁寧に行っています。

 

草止め

今回は雑草を防ぐため、更にコンクリートを敷きました。

 

エアシート

石材を積む際は、この黒い特殊なゴムシートを使用して地震による揺れからお墓をお守りします。

 

敷石 灯篭

敷石と灯篭を設置していきます。

 

オプション

他にベンチなどを設置して仕上げますと、このような素敵なお参りスペースが完成しました!

 

完成

石塔の方も完成です!
お施主様のご要望で、墓誌はそのまま既存のものを使用いたしました。
新しいものの中に歴史を刻んだものを残す、お施主様の想いが見えるお墓です。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、東京都杉並区の寺院墓地です。

 

墓地全景

橋の奥に見えるのが寺院墓地の本堂です。
インド仏教式の建物らしく、同じ仏教なのに異国感があるのが不思議でした。

 

コーキング

目地入れには見栄えという意味だけではなく、お墓を水分から守ってくれる効果もあります。
石材で隠れてしまう部分にも、しっかりと目地入れを施します。

 

ステンレス金具 
今回はこのような、棒状のステンレス金具を使用しました。
この上に石材を重ねることによって、柱がズレないように固定します。

 

石積み エアシート

積み上げる石材の下には、この黒い特殊なゴムシートを使用しています。
これによって、石材を傷つけることなく地震による揺れからお墓を守ります。

 

完成

コンパクトな区画ではありますが、カロート(納骨室)の作りが素敵なお墓が完成しました。
区画の広さに合わせながら、お客様のご要望にお応え出来るよう誠心誠意努めていきます。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、東京都羽村市の公営墓地です。

 

墓地全景

整然と手入れされた、広い公営墓地です。
通路もしっかりと舗装されていて、とてもお参りしやすい墓地だと思います。

 

ステンレス金具

設置した石材の四隅には、ズレを防ぐためにステンレス金具を取り付けています。
このような狭い区切りにも欠かさず取り付けます。

 

エアシート エアシート2

この黒いゴムシートは、地震による揺れからお墓を守るために積んだ石材の間に敷いています。
特別なもので、当社の施工では必ず使用しております。

 

コーキング

石材の隙間を塞ぐ目地入れは、水分が入り込むのを防ぐために行います。

 

コーキング2

見えなくなる内側の石材にもしっかりと目地を入れております。

 

完成

完成しました。

洋型のお石塔に使用した茶系の御影石と、外柵に使用した白御影石との色合いの
バランスが良く、全体的にすっきりと纏まったイメージのお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、神奈川県横須賀市の公営霊園です。

 

墓地全景-01

緑の木々が生い茂る自然豊かな霊園です。
ここの霊園は墓地のほかに噴水や公園もある大きな霊園です。

 

IMG_2943-01 IMG_2945-01

まずはクレーンを使って位置を確認しながら、外柵を設置します。
水平器で水平を確認し、ハンマーを使って据え付けていきます。

 

IMG_2955 IMG_2966

設置した石材はズレないように、ステンレス金具でしっかりと固定します。

 

IMG_2970

石材を積み上げる際には、黒い特殊なゴムシートを取り付けています。
このシートが地震の揺れから大切なお墓を守ります。

 

IMG_2973

石材同士の隙間はマスキングテープで養生してから、目地入れを行います。

 

IMG_2975-01

白御影石の外柵に映える、赤い色合いが華やかな洋型のお墓が完成しました。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、秋田県北秋田市の寺院墓地です。

 

墓地全景

今日はあいにくの曇天で、やや靄掛かってしまっていましたが
山の中にあるとても見晴らしがいい墓地でした。

 

DSCN0354 金具

基礎の上に外柵を設置していきます。
今回のお墓の外柵は大きめなので、ステンレス金具でがっしりとずれないように固定しました。

 

敷石

敷石はモルタルで固定します。

 

既存石塔 既存石塔 (2)

お施主様の希望により、今回は既存の石塔をそのまま新しい外柵に設置しました。
石材を積む際には地震対策として、特殊なゴムシートを使用しています。
これにより、地震による揺れからお墓を守ります。

 

完成

大きな外柵のお墓が完成しました!
外柵を丈夫に直すことで、これからの大切なお墓をお守りします。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。