まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

まごころアドバイザーサポート日誌

先日、工事が終わったお客様からご依頼いただいたご質問です。

そのお客様は寺院墓地にお墓を建立予定の方で周りは和型のお墓ばかり。でも、そのお客様は洋型を建てたいとお考えでした。
なぜだろう?と思ってお話を聞いていくと、亡くなったお父様が子供や孫がお参りにきたときに掃除が大変で
「墓参り行きたくない!と言ったら大変だ。お墓は背が低いものにしよう」とおっしゃていたそうなのです。

それでも、いざ建てるとなると自分の家のお墓だけ洋型…迷いますよね。当然です。初めてのお墓づくり。お隣や周りのお墓が気になります。
「うちだけ違ってもいいの?」という質問に対して私は「良いと思います」とお答えしました。
墓石はお客様の思いやお考えが反映されたものが一番大事だと思います。故人もお参りされるご家族様もご納得してお墓を建てていただきたいと思っています。
周りのお墓を気にしすぎて建てたあとで、「あーやっぱり洋型にしておけばよかった」後悔するのは私どもとしても非常に残念です。

私どもはお客様に完成予想図というCG(コンピューターグラフィック)をお作りしております。「うちだけ違ってもいいの?」とお悩みの方は一度ご相談ください。

そのお客様もご家族様とお話しをされて、4度の完成予想図の変更を経て洋型のお墓を建てられました。

一生に一度のお墓づくり。これからもご家族の愛のシンボルであるお墓づくりをお手伝いしていきます。

まごころマン-本間一彰

本間

「墓石を売っている方にとってはモノかもしれないけど
家族にとってはモノではないんです。」

とても印象に残っているお言葉です。

お父様のお墓を、お母様とお2人でご検討されているとのことでした。

やっと墓地が決まり、早くお骨を移してあげたいとお話しされていましたが
仕事がお忙しくてメールでのやり取りもままならないような状況でした。
それでも空いた時間を見つけては電話やメールを送ってくださいました。

「大きな墓地ではないけれど、父の為に
家族みんなが集まれるような暖かみのある場所にしていきたい。
父は目立つことを好まなかったので、シンプルでいいけれど
綺麗なお墓に入れてあげたい。」

そう言っていたお客様のお声は、デザインや彫刻が明確になってくると
なんだかうきうきしていました。

「仕事が不規則なので、私の都合でメールを送って
それに返事がもらえたのでとてもスムーズに進んだと思っています。」
このように言っていただけると、担当者としては嬉しい限りです。

完成したお墓をご覧になったお客様からお電話をいただきました。

「正直最初は、ネットだからどんなものかと思っていたけど
父のことを聞いてくれてこちらの要望も聞いてくれて
ここに頼んでよかったと思っています。」

私たちにとっては何よりもうれしいことです。

お客様の想いのいっぱい詰まったお墓を建てるサポートを!

まごころレディ-最上沙織

最上

 

お客様より「祖父がお墓の建てかえを考えているのですが・・・」とお電話をいただきました。

おじい様は90歳近くだそうで、元気なうちにお墓を新しくしたいという想いがあるとの
事で、お孫さんからご請求をいただきました。

完成予想図などの資料を毎回お孫さんへ送り、その度にをおじい様のところへ
資料を持っていき、感想や要望などを聞き、また私どもへご連絡いただき
というようにお墓づくりが進んでいきました。

無事にお墓が完成し、その後おじい様から直筆のお手紙が届きました。

「お墓のことを話したらお孫さんが調べてすぐ紹介してくれた」、
「実際にお墓を見て、本当に立派なお墓ができてうれしかった」との内容で
私も大変嬉しく感じました。

直接おじい様とはお話することはできませんでしたがお手紙を拝見して
おじい様とお孫様の笑顔が浮かびました。

何度も行き来していただき、窓口となっていただいたお孫さんにも心より感謝を申し上げます。

お客様の気持ちを読み取り、喜んでもらえるお墓づくりを!

まごころレディ-太田未央
太田

 

 

カタログのご請求をいただいたお客様から、お見積書のご依頼の封筒が届きました。
開けてみると、苗字は同じですが、名前や住所も別の『お取り寄せシート』が二枚入っていました。

お電話を差し上げて詳細を伺ったところ、『運良く、共同墓地を並んで2か所、用意する事ができたんです。
仏はまだいないんですが、元気なうちに兄弟で隣同士にお墓を作ろうと計画しています。』ということでした。

私どもは全国でお墓づくりをしていますので、お墓を作りたいのに墓地が見付からないというお声をよく聞いております。
そのようななかで、なんと幸運なご兄弟なんだろうと思いました。

『今は二人とも元気だけど、これから先いつ病気になるかわからないし、
お墓についても相談などできなくなるかもしれないから、今のうちに納得いくお墓を作りたいんです。』
と、お二人ともお墓づくりにとても積極的です。

ご兄弟の奥様方も『せっかく並んでいるから、お墓の型は同じほうがいいわね。』など、
楽しんでいる様子が電話からも伝わってきます。

お見積書と完成予想図を、ご兄弟様がそれぞれお住まいになっているご住所へお送りすると、
その数日後にはお客様からご連絡をいただくようになりました。
その時は、必ず弟様がお兄様のご自宅へ行き、ご兄弟で仲良く相談されていました。

並んだ墓地に、型が同じお墓。
石の種類や彫刻の文字は違いますので、それぞれの個性が出ています。
私も楽しみながら、ご兄弟のお墓づくりをサポートすることができました。

お墓づくりでご不安な事や、わからない事などございましたら、
お気軽にご連絡お待ちしております!

まごころレディ-成田めぐみ
成田めぐみ

先日、お墓づくりをサポートさせていただいたお客様から
「母親の一周忌も無事終わりました。
今風で素敵なお墓だね。お母さんきっと喜んでいるよと親戚から褒められました」
と嬉しそうなお声でお電話を頂戴しました。

最初は、ネットでお墓を建てるなんてどうだろうと悩み、お父様もネットで墓が買うことができるの?
と疑っていたそうです。

悩みながらもカタログのご請求をしてくださいました。

お客様は届いたカタログを見てビックリ!
とても分かりやすく、建てた方の声やDVD、
敷地の採寸ができるメジャーまで入っているのを見て、お父様の不安が信頼にかわったとのことです。

遣り取りさせていただく中で、お母様とお花見に行かれた時の想いで話を伺い、
お墓の正面に「さくら」の花彫刻をご提案させていただきました。

完成したお墓を前に
「安くていい物を選ぶのが上手な母でしたので、今回のお墓も喜んでくれるといいなぁ」
とお母様の喜ぶ顔が浮かんだとおっしゃっておられました。

お母様を想うお気持ちがつたわり、私もとても暖かい気持ちになり
お墓づくりをサポートさせていただいたことに感謝しました。

どんなお悩みもプロとして適切にそしてお気持ちを汲んでご提案していきます。

まごころレディ-寺澤美紀

寺澤美紀